このエントリーをはてなブックマークに追加

リクルーティングコラム

IndeedでCVR(応募率)をアップさせるために、やっておくべきテクニック集 リクルーティングコラム|採用サイトをつくるならトルー



indeedに出した求人ページは見られているが、CVR(応募率)が低くて応募数が全然増えない。
そんなことで悩んでいませんか?その原因は何なのでしょうか?
多くの場合、応募数が少ないのは応募率が低いからです。
つまり求人ぺージの内容が薄く、魅力的に見せられていないのが要因です。求職者に興味を持ってもらえていないので、応募が来ないのです。

では、indeedで求人ページを魅力的に見せるためには何をすればいいのでしょうか?写真を変更する、募集内容を明確にする、フォームを工夫するなど、様々な方法があります。この記事では、indeedでCVR(応募率)をアップさせるためのテクニックとして、いくつもの施策をご紹介します。

このコラムの目次

応募が少ないのは、求人ぺージの内容が薄いと思うべし


indeedを使い始めたものの応募が全く来ない。そのように悩んでいる採用担当者も多いことでしょう。あるいは応募は来るんだけど、少ない。そのように悩んでいる採用担当者も多いと思われます。

せっかくindeedを使うのですから、しっかりとindeedで成果を出したいですよね。

では、なぜ応募が来ないのでしょうか?求人ぺージは見られているのに応募が来ない原因の多くは、求人ぺージの内容が良くないからです。求職者にとって魅力的ではないから応募が来ないんです。

面倒なのか、求人ぺージの作り方が分かっていないのか理由は様々だと思いますが、求人ページに最低限の情報しか書かれていないものがあります。 そのような求人ページでは、求職者から応募は来ません。

具体的に言えば、勤務地や時給はわかるけれど、どんな職場で具体的に何をするのかはよくわからない。そんな求人ページです。そういう求人ページの場合は、仮に応募が来たとしても『よくわかってない人』からの応募であるため採用に繋がらない可能性が非常に高いです。採用に至ったとしても、採用後に双方の認識の違いによってトラブルを招く危険性もあります。

なのでindeedで効果を出したいなら、求人ページを改善し、応募率(CVR)を上げることが必須です。それでは、次章より応募数(CVR)を上げるための様々な施策をご紹介します。

 

①必須スキルと推奨スキルはしっかりと区別すること!


求人ページに自社が求めているスキルを書くと思います。ですが、何となくスキルを記載していませんか?もし何となく記載しているだけなら、それではダメです。スキルをどのように書くかで、応募率(CVR)は違ってきますので、しっかりと書く必要があります。

よくある求人ページのパターンが、求めるスキルや人柄、あった方が嬉しいがなくても良いスキルなどを混在させて書いている場合です。このパターンの求人ページは、求職者にとっては、よく分からないものとなってしまい、応募に至らなくなってしまいます。

スキルを記載する際に重要なことは、必須スキルと推奨スキルを明確に分けて書く事です。そうすることで、応募してくれる求職者の数が増えます。

もし必須スキルや推奨スキルが明確にわからない場合は、採用したい人にどんな業務を行ってもらうのか、その業務フローを明らかにした上で、必要なスキルを書き出し、教えられることと教えられないことを紙などに書いてまとめてみてください。それをすれば、どんなスキルや経験が必要なのか、推奨なのかが明確になります。この作業を行っておくと、自社の業務不フローも理解できるので、業務改善にも繋がります。なので必ず、この作業を行ってからスキルを記載しましょう。

しっかりとスキルを書いておけば、どういった人物を求めているのかが明確になり、求職者とのミスマッチが起こるのを防ぐことができます。

②職場の雰囲気の見せ方(写真)を変えよう!


職場の雰囲気の見せ方(写真)は非常に重要です。どんな写真にするかで、応募率(CVR)が違ってきます。なので本当にこだわって写真を選んで欲しいと思います。ですが、こだわって写真を選ぶ際に必ず行いたいことが、実際の職場の写真を使う事です。実際の職場の写真の中から、こだわって選ぶことが大切です。

そして決して、 モデルさんの小綺麗で雰囲気の良い画像は使わないようにして下さい。確かに、見た目はすごく良くなります。ですがリアルさに欠けるため、自分が実際にそこで働いているイメージがしづらいです。そのため応募に繋がりません。

なので写真は、リアルな職場の雰囲気が伝わる写真を使いましょう。そうすることで、求職者が働いているイメージが持てるため、ここなら働けるかもしれない。そう思って、求人情報を見ていただけるようになるかもしれません。

さらに写真を選ぶ際のポイントをご紹介します。

1.職場の人が写っていて来てほしい求職者に合わせた雰囲気の写真を入れる。
2.写真素材ではなく実際のスタッフが写っている写真を使う。



ひとつずつ解説していきます。

・職場の人が写っていて来てほしい求職者に合わせた雰囲気の写真を入れる。
写真を選ぶ際は、職場の人が写っていて来てほしい求職者に合わせた雰囲気の写真を入れるようにしましょう。求職者の立場に立って、求職者が不安に思うことを想定し、写真でその不安を解消してあげることが大切です。注意しておきますが、変に肩を組んだりして仲の良い雰囲気の写真を安易に掲載しないことです。それが普通なら構いません。ですが求職者それぞれがどう感じるかは分かりませんので注意が必要です。

・写真素材ではなく実際のスタッフが写っている写真を使う。
写真選びで絶対にやってはいけないことが、写真素材を使うことです。ついつい自社をより良く見せようと写真素材を使ってしまうケースがあります。確かに写真素材を使うとキレイに見えます。ですが、写真素材を使ってしまうと、CVR(応募率)が低下してしまう可能性があります。求職者にとって写真素材は、逆に不安を感じてしまうからです。実際は、どうなんだろう、と思ってしまうわけです。

なので写真は、実際のスタッフが写っている写真を使うようにしましょう。そうすることで、求職者はリアルの現場をイメージできるので安心して応募しやすくなります。

そして写真は、来てほしい職種に合った写真にしましょう。例えば、飲食店で接客業務を担ってくれる求職者を求めている場合は、接客現場を背景に接客スタッフが写っている写真にします。また飲食店で調理業務を担ってくれる求職者を求めている場合は、調理現場を背景に調理スタッフが写っている写真にします。

以上にようにするだけでCVR(応募率)のアップが期待できます。


募集の背景はできるだけ具体的に書く!


求人ぺージには、募集の背景を記載しましょう。求職者は敏感です。なので求人を出している会社に対して、求人を出しているということは入れ替わりが激しい会社だからではないか、と考えます。そう考えると当然、この会社には何か問題があるのではないか、と考えます。そうやって求職者が不信感を感じると、応募して来なくなってしまいます。

なので求人ぺージに募集の背景を記載することが必要です。募集の背景つまり求人募集を行うことになった理由をしっかりと明確にするようにして下さい。そうやって求職者が不信や不安を感じないように求人募集の根拠が含まれた理由を書くようにしましょう。そうすることで、CVR(応募数)のアップが期待できます。

④スマートフォンに対応させる!


求人ぺージはスマートフォンに対応したぺージにしましょう。indeedを利用するユーザーの約80%はスマートフォンからの閲覧だと言われています。求職者には、通勤時間やお昼休みの時間、退勤時間などのちょっとした時間に転職活動をしている方も多くいます。そして、そのような求職者の多くはスマートフォンで閲覧しています。なのでスマートフォン対応していないと、見づらく読みにくいぺージになってしまう可能性が高くなります。そうなると求職者は読んでくれません。当然、応募にも繋がらず、CVR(応募数)が低くなってしまいます。なので求人ぺージを作る際は、必ずスマートフォン対応にするようにして下さい。

⑤応募フォームを簡略化させる!


CVR(応募率)を改善するために応募フォームを簡略化するのは有効な方法です。見落としがちなところですが、応募フォームはCVR(応募率)に影響します。応募フォームによってまったく応募が来なくなってしまう可能性だってあります。なので意外と重要な部分です。では、どんな応募フォームだとCVR(応募率)が下がってしまうのかというと。入力項目の多い応募フォームです。入力項目の多い応募フォームは、求職者にとってはストレスで、たちまち応募してもらえなくなってしまいます。なので、できるだけ簡略化された応募フォームにするのがおすすめです。例えば、「氏名」「電話番号」「メールアドレス」など、少ない入力項目に抑えた応募フォームにするようにしましょう。それ以外の情報は応募後の先行段階で確認するようにすると良いでしょう。

⑥見出しをつける!


求人ページ内の文章に見出しをつけるのもCVR(応募率)をアップさせる有効な方法の1つです。文字がずらりと並んでいる文章は読みにくく、求職者にとってストレスを感じさせます。そのため求人ぺージからの離脱が多くなってしまいます。特にスマートフォンで閲覧しているユーザーにとっては、見出しのない長文はどうしてもストレスを感じてしまうものです。その結果、途中で読んでもらえなくなります。なので見出しをつけてレイアウト的に見やすい求人ぺージを作るようにしましょう。見出しに凝った装飾を施す必要はありません。求職者にとって見やすく読みやすい求人ぺージであれば問題ありません。その点を踏まえて、見出しを付けてみて下さい。CVR(応募率)のアップする可能性が高くなります。

⑦仕事内容は実際に行う仕事内容を具体的に書く!


求人ページに記載する仕事内容は実際に行う仕事内容を具体的に書くことが大切です。意外と多いのが、社内用語が書かれた仕事内容です。求職者にとって社内用語は分かりません。なので全くイメージできないので不安に思い、応募に繋がりません。なので求職者がイメージできるように分かりやすい言葉や説明で、そして具体的に仕事内容を書いてください。どんな仕事なのか?具体的に何をするのか?そしてどうなればいいのか?具体的にどんな業務フローなのか?など、求職者が仕事内容で不安に感じるポイントを予め検討し、不安を払拭してあげるような求人ぺージを作成しましょう。

そのためにもまずは一度、求職者の立場にたって、仕事内容に関してどんなことが気になるのか?どんなことを不安に思うのか?をリストアップしてみましょう。そして、気になることや不安を払拭する情報を整理した上で、記載してあげるようにしましょう。そして最後は、求人ぺージを作成したらもう一度求職者の立場にたって、気になることや不安に思うことはないだろうかと確認してみましょう。そこまですれば多くの場合、それなりにCVR(応募率)の高い求人ぺージが出来上がります。

⑧給与・賞与などの条件は法律に定められた記載方法で書く!


給与等の条件の記載方法は、法律に定められた記載方法で明確にわかりやすく記載することが大切です。給与や賞与などの条件をいい加減に書いている求人ぺージが見受けられます。残念ながらそのような求人ぺージでは応募者が来ません。応募者の立場からすると、給与や賞与がしっかりと記載されていないと、それだけで魅力を感じられません。なのですぐにその求人ぺージから出ていってしまいます。そこで求人や賞与などの条件は、法律に定められた記載方法で明確に分かりやすく記載するようにしましょう。そうすることでCVR(応募率)のアップが期待できます。

⑨求職者がよく使う検索キーワードを求人ページに盛り込む!


indeedは求職者が検索したキーワードと、求人ページ内に含まれているキーワードのマッチ率を計測し、マッチ率が高い求人ページを上位表示させます。ただしindeedの場合は、キーワード以外にも他の要素も関係しますので、キーワードのマッチ率だけで順位が決まるわけではないことを理解しておいて下さい。

その上で、求職者がよく使う検索キーワードを求人ページに盛り込むようにしましょう。そうすると自社の求人ページにマッチした求職者に表示されるようになります。その結果、自社の求人ページに合った求職者からのアクセスが増え、応募に繋がりやすくなります。求職者がよく使う検索キーワードを求人ページに盛り込むだけで、CVR(応募数)のアップに繋がる可能性が高いので、是非やっておきたい施策です。

⑩自社の理念を記載する!


自社の理念を記載することで、求職者に共感してもらうと、CVR(応募率)が上がります。求職者によって、理念やビジョンに共感できるかどうか、は応募するかどうかの重要な判断基準になります。やはり共感できない理念やビジョンを掲げている会社、あるいは理念やビジョンがない会社では、求職者は積極的に働こうとは思いません。なので自社の理念やビジョンを記載することで、自社に共感してもらうことはかなり重要です。自社の理念やビジョンに共感してくれた求職者に来てもらうことができれば、採用後も積極的に働いてくれるようになります。なので採用後のことも考えると、やはり自社の理念やビジョンをしっかりと記載しておいた方が採用活動は良い方向に進みやすくなります。

 

まとめ

求人を出す上で、自社をより良く見せようとして背伸びすることは厳禁です。例えば、見栄えがいいからという理由で、写真素材を使えば逆に応募率が下がります。仕事内容をしっかりと記載していないと、求職者は具体的な業務をイメージできずに応募まで至りません。

求人ページを作成する際は、誠実に求職者に向き合う気持ちで、正直にしっかりと会社のことやどんな人に来てほしいのか、なぜ募集しているのかなどを伝えることが大切です。そのような丁寧な求人ページが求職者の心をつかむことができ、良い人材も集まりやすくなります。採用後の事も考えると、丁寧に求人ページを作成した方がいい、ということを忘れないようにして下さい。その上で具体的にCVR(応募率)をアップさせる施策として、この記事で紹介した施策を行ってみて下さい。

月々1万円〜!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

 

採用サイトの画像


自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。

採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています。

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。

■サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。

■お問合せはこちら

コラム一覧
SNSでシェア