indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

Indeed広告を代理店に任せてみよう!選び方を徹底解説

カテゴリ:indeed 

indeedを初めてみたけれど、そもそもやり方がわからない、やってみたけど効果が出ない、対応する時間がない。
そんな時は、
indeedを運用してくれる代理店に依頼してみましょう
でも、意外と運用している広告代理店のことを知っている人は多くありません。「indeedの広告代理店ってどこがオススメなの?」indeedを使うのか決定はしていないけれど、検討材料として広告代理店の比較するにも参考になります。そこで今回は、indeedの運用をしている広告代理店を仕組みや料金、選び方のコツをご紹介します。

このコラムの目次

indeedを自社で運用するデメリット

無料枠への掲載であれば、自社で運用してみるのがおすすめです。現在、求人媒体へ掲載を行なっているが、イマイチ費用対効果があっていない気がするようであれば、テストとしてindeedへの掲載を始めてみることで「無料でテスト運用」が出来る点はメリットの一つです。「自社の広告費用をなるべく抑えていきたい」企業にとっては、有料オプションを設定しなければ無料で掲載出来るため安心です。

一方、有料で広告運用を行う場合は、細かな設定やindeedで求職者から反応されやすい掲載方法など自社でノウハウを貯めていかないといけず、「運用型広告」であるため運用に時間を取られてしまうことがデメリットになります本来であれば、人事・採用の業務に集中し企業とマッチする良い人材の面接や育成に時間をかけるべきですが、indeed広告を自社運用した場合は、運用という業務が増えてしまうことになり、自社内での運用コストが掛かってしまいます。

こんな会社は代理店を使ってみよう

こういった企業様におすすめです!

「今後も継続的に採用計画がある」
「地方・郊外エリアの採用がうまくいっていない」
「求人サイト経由の費用対効果・パフォーマンスが落ちてきた」
「新しい採用経路を探している」
「採用サイトがあるが、うまく活用ができていない」
「採用難易度の高い募集職種がある」

indeedを使うメリットは、2つあります。

1つにindeedは、正社員求人80万件以上、アルバイト求人90万件以上と膨大ともいえる量の求人情報が掲載されているため、埋もれやすいのではないか?と思われがちなのですが、地方・郊外の求人の場合は求人サイトよりも求人の「量」があります。つまり、サイトの掲載数よりも、求人の数のほうが大きいことを示すことになります。また、地方は企業数が少なく、これは、競合が少ないことを意味し、ページの発見率が高まります。そのため地元で働きたいと考えている求職者は、求人サイトよりもindeedを使うという方も多くいらっしゃいます。

 

2つ目は、「運用型」の求人広告のため、掲載を続けながらより効果をあげるための施策を継続的に行うことができますそのため「通年で採用している」という場合や「採用難易度が高く、細く長くでも継続的に募集を行いたい」といった企業様に向いています。

また、採用サイトや採用情報ページがあるもののうまく活用しきれていない場合や、サイト公開をしたあとに何をどう更新すれば良いのかわからずそのままになっている、という企業様もindeedを通じてサイトの傾向を分析し、より良いものに改修するということもできるようになるでしょう。

広告代理店に依頼するメリット

広告代理店に依頼するメリットは2点あります。

まず、①手間のかかる運用工数を大幅に省けることです。
indeedの運用工数を削減できますが、広告代理店に依頼をしないなら、以下のことを貴社で行う必要があります。

「自社の採用ページがindeedの掲載基準をクリアするように修正」※掲載基準を満たしていない場合
「職種・勤務地ごとに求人原稿の作成」
「損をしないようなクリック単価の調整」
「indeedで得たデータを分析して解析」
「解析したデータをもとに原稿を修正」※広告代理店によっては行えないものもあります。

indeedは貴社で運用すると意外に手間がかかりますので、別の業務に時間を割きたいなら広告代理店に依頼した方が手間が省けます。

代理店運用したほうがいいメリット2つめは、②indeedを利用した実績があるかです。


広告代理店に依頼する最大のメリットはindeedを運用した実績があることです。

ここがポイントで、様々な代理店があり、中には実績に乏しい代理店も存在します。

代理店を選ぶときは、必ずこの点を確認したうえで検討してください。

indeedの運用ノウハウを備えているからこそ、応募者を素早く増やして広告費も減らせます。

 

では代理店を使ってみよう、でもどんな代理店があるの?①

そんなindeed広告の代理店には、「求人広告代理店系」「ネット広告代理店系」「採用WEB集客専門系」「経営コンサル系」の4種類あります。同じindeed広告を扱っているとはいえ、それぞれの立ち位置に合わせた特徴があるので、indeed広告代理店を選ぶ際に意識して考えておくべきポイントとなります。下記では、それぞれの代理店の特徴をメリットとデメリットをわかりやすく紹介していきます。

まず最初に、①求人広告代理店系でindeed広告を出す際の特徴です。求人広告代理店というと、営業マンがリクナビやマイナビ、エンジャパンなどの様々な採用媒体を販売する営業活動をしており、日本でもっとも多くの求人情報を扱っている代理店系といえます。こういった背景からわかるメリットデメリットがあります。

メリット、それは、求人広告代理店は、求人の専門なので求人ページでどういう情報を出せばいいか、また会社のPR分や募集要項などをどのように出せばいいのかを知っています。扱っている求人数の兼ね合いもありますが、求職者のニーズを把握しており、このような情報を見せると応募が来やすいというような情報も持っています

更に、扱っている求人媒体数が多いので、indeed広告を出しながら他の求人媒体の依頼もしやすく打ち合わせの手間が減らせるのが特徴といえます。具体的に、飲食店の場合は時給が○○○円以上でないと応募が来ないなどの細かな話ができることが挙げられます。

一方でデメリットは、求人広告代理店は、求人媒体をネット上で扱っているものの、ネット広告の運用をしているわけではないので、ネットの知識がほとんどないと言っても過言ではありません。営業マンの営業力は強く、また背景として今までの求人方法がリクナビやマイナビといった求人媒体を利用することがメインだったこともあり、扱っている求人数が多いです。

ただ、indeed広告のようなひとつの求人情報を運用するためには、ネット広告の知識が必要不可欠です。常に求人サイト分析やindeed広告の成果分析をしながら改善をすると言ったPDCAを回す必要があります。こういったネット広告のノウハウが求人広告代理店系にはないため、改善が測れないケースがあると言えます。indeedが2017年の夏から、代理店を増やしている影響があり、求人広告代理店系でindeed広告を扱う会社が増えてきています。

ただ、キャリアが浅いこともあり、indeed広告の運用実績がない場合が多いです。求人広告代理店系のindeed広告に対する実力に見極め方は、indeed広告を販売するにあたっての知識は誰でも勉強できるので、知識的なことを聞いても実力を見抜くのは難しいため、まずは実績を聞いてみましょう。

例えば、「自社の採用をindeed広告で行ったことがありますか?「弊社と同じ業種の採用をindeed広告で行ったことがあるか?」「予算いくらでだいたいどれくらいの応募があったのか?」「そのクライアントはどのくらいの期間行っているか?を聞くようすると良いでしょう。また、できれば「実際にindeed広告を出しているサイトとクライアントの内容などを見せてください」と投げかけて、実績を見せながら話をしてくれる代理店を選ぶことをお勧めします。

次に②ネット広告代理店系でindeed広告を出す際の特徴です。

ネット広告代理店系というのは、WEBマーケティング会社やGoogleのアドワーズ広告、Yahoo!のプロモーション広告といったリスティング広告などを扱っている会社のことです。

メリットは、ネット広告代理店系はネット広告の運用を得意としており、「調査→運用→分析→改善」といったPDCAを回すノウハウを持っているため、さまざまな業種での実績を持っていることが多いです。

indeed広告に当てはめるのであれば、1クリックあたりの単価を下げるためにはどうすればいいのか?また何が成果につながっているのか?どうすれば多くの人に求人情報を見てもらうようになるのか?などを考えて運用していきます。また、求人サイトの応募ボタンを変えたほうが応募率が上がるなどの分析改善も得意としている会社が多いです。

indeed広告は、indeed上でのリスティング広告と似たようなところがあるので、広告をいかにクリックさせるのか?だけでなく、求人サイトの見せ方に対してもノウハウを持っています。どうしてもネット広告をメインにしているため、求人情報を扱ったことのある数が少ないので、採用ノウハウを持っていない会社が多いです。

そのため、業種・職種別の採用ノウハウだったり、タウンワークだったらどうか?などの他社の求人媒体の情報をもとに、どういう予算配分をするかなどの提案は難しいです。

ネット広告代理店系のindeed広告に対する実力に見極め方は、求人広告代理店系と同じで、indeed広告をどれくらい運用したことがあるか?indeed広告についてどれだけ知っているか?indeed広告での実績、予算からの求人全体での実績を聞いてみると良いと思います。

indeed広告の代理店を選ぶポイント

indeed広告は常にデータを見つつ分析改善などの細かな運用をしていく必要があります。

そのため、どういう運用をするのか?どういう戦略でどんなノウハウがあるのか?といった視点で判断することも大切です。そして、本当に一番大切なのは、実際に手を動かしてくれるのか?ということです。もし質問をするのであれ下記のようなことも聞いておくと良いかもしれません。

「自社と同じ業種でindeed広告の運用をしたことがあるか」
「その実績はどのようなものか」
「成果を上げていくためにどうするのか?そもそも改善できるか」
「indeed広告の運用体制はどうですか?自社ですか外ですか」
「改善などんな頻度でやってくれるのか」
「連絡のやり取りの仕方はどうか」

実績を聞くことも重要ですが、実務的な内容や、具体的に何をするのかも聞くことで良い会社が見つかるかと思います。indeed広告の改善を行うのは当然のこと、それ以外でもランディングさせるサイトの改善も大切なので、そこまで数字を見ながら改善案を出し、サイトの制作会社と一緒に取り組んでくれるのか、といった視点を持っていただくこともオススメします。

どれくらいのお金がかかるのか

そもそも求人広告を取り扱っている会社は、主にメーカー直販と代理店の大きく2つに分かれています。これまでメーカー直販と継続してお取引していた企業に代理店のイメージを聞いてみると、
「直販のほうがオプションとか色々オマケしてつけてくれるんでしょ?」「代理店だとマージンがあるから、掛かる費用が高いんだよね?」
と、代理店に対してマイナスのイメージを持ったご意見が目立ちました。

しかし実際は”代理店だから高い”、”オプションが付かない”ということは全くありません。代理店にお願いする方がメリットを感じていただけるケースも非常に多くあります。実際に直販と代理店の一番大きな違いは、メーカー直販はその名の通りの「直販」ですので、自社メディアしか提案・販売が出来ないけれど、代理店は、「代理」となるので、他社メディアを提案・販売できるため取扱い商品が多く提案の幅が広がります。

また直販と代理店は費用は違うのかと言われますが、費用(indeedに掲載する金額)自体は同じです。

しかし、代理店の場合はお客様の代わりに運用を代行しておりますので、基本的には運用代行手数料というものが発生するケースがほとんどです。運用代行手数料の相場的には10%〜30%と各代理店によって違います。これは運用代行費用だけでなく、レポート提出などのサポート内容によっても変わってきますので、どこが正しい手数料率かは一概には言えません。

例えば15万円をindeedに掲載する場合であれば下記のような請求額になるはずです。indeed直販(お客様運用)15万円、indeed代理店(20%の場合)18万円※単純に運用代行の主体者が誰かの違いですので、indeedへの掲載料金は変わりません。

コラム一覧