リクルーティングコラム

Indeedの応募率をアップさせる、効果的な求人情報の書き方

indeedに掲載しているが、
全く応募が来ない
イメージと違う人が来る
どちらのケースも
求人広告の書き方が悪い
のがよくある原因です。

欲しい人をしっかりとゲットするためには、効果的な求人情報を書く必要があります。ポイントをおさえることで、しっかりと効果を出していきましょう。indeedで応募がこない時に確認したいポイントでもあるので、下記に記載する5つの項目を読みながら確認してください。タイトル(職種)」「仕事内容」「スキル」「給与などの労働条件」「募集要項やPR情報最初にお伝えしておきたいのは、全ての項目を書いている企業がほとんどです。

しかし、書いていても反応が薄い場合もあります。indeedで求人の応募数を増やすためにも、ただ書くだけでなく、しっかりと内容を工夫する事が大切です。そこで今回は、indeed掲載の準備事項、効果を出す求人情報の書き方のコツを説明してきます。

このコラムの目次

「indeed対応の求人サイト」にするための3つ準備が必要

そもそもindeedで効果を出す前に、indeed掲載するための下準備が必要です。この対応が漏れていると、そもそも求職者へ情報が届きませんのでしっかり確認する必要があります。必要なポイントは3つです。

①クローリングされるページを作成しているか
「クローリング」とは、indeedの検索エンジンロボットが企業のHPや採用情報を読み込むことを言います。「クローリングされるページの作成=indeedに読み込まれる仕様のページの作成」と考えて下さい。indeedの検索結果として、数多く目にする企業の独自の採用サイトやホームページの求人情報などのリンクは、このindeedにクローリングされているページで、これが最も一般的な掲載方法です。クローリングされるには、Webページが後述の掲載基準を満たしている必要があります。

②indeedに直接投稿してページを作成しているか
自社で上記に当てはまる求人ページを持っていない、準備するハードルが高いという企業様の場合、indeedのTOPページにある求人広告掲載というリンクから、indeedの中に直接自社の求人情報ページを作成することができます。ただし作成してみると分かるのですが、基本的に文字が多く、見た目は多少淋しい仕様となります。これでは、いくらクリックされても応募に至る率が下がってしまうことも考えられます。求職者目線で応募したくなるようなページの準備を心がけることをお勧めします。

③求人サイトへの出稿はしているか
求人サイトをこれまで多く使ってきた企業様の中には、時には何もしていないのに転職サイトに掲載している原稿がindeedの中にも出ているのを目にしたこともあるかと思います。これは、媒体社が自社求人サイトの効果と掲載企業の満足度向上のためにindeedの有料枠を購入しているためです。

しかし、企業様が独自に有料掲載をしたい場合、求人サイトに掲載している原稿を応募先Webページとして使うことはできません

indeedで応募数を増やしたい!求人情報の書き方、5つのコツー①indeedにはヒットしやすいタイトルがある

前段までは、indeedに掲載するために必要な準備要点を確認してきましたが、ここからは具体的に応募数を増やすために効果的な求人広告の書き方のコツを説明していきます。

まず、indeedの検索結果に表示される各求人情報のタイトルには、職種が表示されます。この時、職種は、単純に職種を記載するのではなく、 ”老人ホーム”の”介護職”というように、仕事のカテゴリや場所+ 職種名のように記載いただいた方が分かりやすくなります

しかし、求職者が知らないような特殊な社内用語は、求人を見る方が理解できない場合があるので、 誰もが知っているもしくはその業界の求職者なら知っているような一般的な表現を心がけるようにしましょう。そうすることで、検索結果を見た求職者がアナタの求人情報を見てくれる可能性があがります。

次にindeedタイトルの良い例と悪い例をご紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

<indeedタイトルの良い例>
「コピー機などOA機器の営業社員」
「デジカメ製造検査装置の機械設計」
「JAVA言語を使ったシステムエンジニア」
「金融関係のコールセンター」
「たこ焼き屋の調理・接客スタッフ」など

<indeedタイトルの悪い例>
「営業 正社員」
「システムエンジニア」
「20代の女性活躍中!未経験OK」
「コールセンター」
「店長候補募集中」
「その他事務スタッフ」など

indeedで応募数を増やしたい!求人情報の書き方、5つのコツー②仕事内容は実際に行う仕事内容を具体的に書く

仕事内容は実際に行う仕事内容をできる限り具体的に仕事内容を書くことをお勧めします。

例えば、自分はどんな職種でどんな商品のどんなことに携わるのかなど、求職者がイメージできるように書くのが理想です。

<仕事内容の良い記載例>
下記は経験者歓迎の求人のため、あえて専門知識に対する説明はしておりません。
経験者であればわかるような言葉となっております。
ご契約済みのお客様専任のアカウントプランナーとしてご担当いただきます。

■Yahoo! / Google / indeed / DSPなどのインターネット広告の提案、戦略立案
■Google アナリティクスと中心としたWeb解析、レポーティング
【具体的な業務フロー】
■お客様のニーズや課題をヒアリングし、目標策定
■各種インターネット広告メディアを選定し、予算決定
■バナーなどのクリエイティブをデザイナーへ作成依頼
■インターネット広告運用の専任スタッフへ依頼
■広告配信をしながら、効果検証をおこない、強化点と改善点のご提案

<仕事内容の悪い記載例>
インターネットを活用したクライアントの集客のお手伝いをしていただきます。具体的には、クライアント企業のビジネスゴール達成のためにプランナーとの協働で戦略立案を行い、広告などの運用を行います。あなたのWEB広告の運用経験などを生かして自由な発想で、施策を成功に導いてください。

こういった仕事内容をたまに見ますが、何をするのか分かるようで分かりません。そのため、どんなことをするのか求職者にとってはイメージしづらい内容に見えてしまいます。そのため仕事の内容はリアルが伝わるようにできるだけ具体的に書く必要があります

indeedで応募数を増やしたい!求人情報の書き方、5つのコツー③給与等の労働条件は法律にのっとった記載方法で

給与等の条件は変更する可能性がございます。そのため、定期的に条件を確認し、しっかりと法律に定められた記載方法をとり、明確にわかりやすく記載しましょう。

indeedで応募数を増やしたい!求人情報の書き方、5つのコツー④スキルは必須と推奨・関連が分かるようにする

会社がどのスキルを歓迎するのか、スキルを持つ事でどのようなメリットがあるのかを表している部分になります。具体的には、「出来なければ仕事にならないスキル(必須)」、「出来なくても仕事は出来るが、持っていると有利なスキル(推奨)」、「出来なくても問題ないが、あると便利なスキル(関連)」といった意味合いを持ちます。

だからこそ、スキルの部分は必須と推奨をしっかりと分け、必要な人材を示すことが大切になります。

<スキルの良い表現例>
リスティング広告やindeed広告の運用を行うスタッフの求人情報に記載しているスキルの内容です。

【必要な経験・スキル】
・インターネット広告アカウントプランナーで2年以上の実務経験
・Google アナリティクスの基本的な操作
・WordやExcelなどの基本的なPCスキル

【推奨するスキル(無くてもOKです!あれば嬉しいです)】
・コミュニケーション能力
・論理的思考力、問題解決力
・Google AdWords 認定資格
・Google アナリティクス個人認定資格
・ウェブ解析士

上記の内容は、【必要な経験・スキル】として、”インターネット広告アカウントプランナーで2年以上の実務経験”がある場合は、残りの二つは基本的にはできるはずのものとなっているので、条件を絞り込んだ書き方をしています。

そして推奨スキルでは、(無くてもOKです!あれば嬉しいです)と記載して必須ではないことをわかりやすく表現しており、とてもわかりやすい表現になっています。

<スキルの悪い表現例>
WEBの制作会社の場合の求人情報を例にしてみましょう。

【歓迎スキル】
・コーディング経験者
・WEB広告やコーポレートサイトの制作に興味がある方
・HTML・CSSコーディング業務の経験がある方
・Flash、Dreamweaver、Illustrator、Photoshopが使える方
・新しいことにチャレンジすることが好きで、常に前向きな思考をお持ちの方
※実務経験がない方も応相談。未経験者を採用した実績あり

このような形で記載していると、どれが必須でどれが推奨なのかわかりにくく、求職者にこちらの意志を伝えきれない場合もあります。
そうなると、求職者と募集者のミスマッチが生まれ、お互いの時間を無駄にしてしまうことにもなりかねません。もちろん目的により記載の仕方は変わりますが、できる限り必須と推奨は分けた方が求職者が見てわかりやすい内容になるため、良いと言えるでしょう。

indeedで応募数を増やしたい!求人情報の書き方、5つのコツー⑤募集要項やPR情報は求人理由を明らかにし、どんな会社かもわかるようにする

おそらくもっとも力を注いで文章をつくるのはここではないでしょうか。ただこの募集要項やPR情報にもコツがあります。それは、「求職者がなぜ募集しているのかわかり、どんな会社なのかイメージできるようにする」ということです。これも見本を見せたほうが分かりやすいので、ご覧ください。

<イメージ>
■ホームページの画像
社員数人の写真を背景に、求人職種、仕事の特徴、仕事をすることで目指したいことを記載している。
■PR文の内容
Webマーケティングによって、中小企業から大手・上場企業まであらゆる企業の人材採用を成功に導いている当社。
2018年8月にリリースした採用サイト作成・集客パッケージソフト『toroo』が中小・中堅企業から高く評価されており、好調な業績を維持しています。

今回は、シェア拡大に伴い、アカウントプランナー(ご経験者)を募集をすることとなりました。
弊社のアカウントプランナーは、ご契約済みお客様へ、インターネット広告を用いたプロモーションの戦略立案からプランニング、 運用へのディレクションをおこなっていただきます。

お客様は、求人業界に絞り込んでいますので、社内に蓄積されたノウハウをもとに、より深いところまで、じっくりとご提案することができます。

[会社の雰囲気]
・若手社員大歓迎…20代の若手が活躍してます!!
・社内環境…「メディア開発事業」と「WEBコンサルティング事業」という、2つの事業を展開

結論からいうと、ホームページ画像に自社のスタッフが写っているため、どんな人と仕事をするのかイメージしやすくなっています。

更に、PR文には何を扱っている会社で、なぜ募集しているのか、何の職種を必要としているのか、どんな仕事をしているのかといった情報を簡単に説明することで、求職者が見たときにパッとどんな求人情報なのかを理解しやすくしています。

このようにすることで、次のスキルや実際の仕事内容などの情報を見てくれる可能性があがります。情熱的にものすごく長い文章で説明するのも良いですが、あまり長くしたり、文字が多すぎると、数多くの求人情報を見ている求職者には見てもらえない可能性もありますだからこそ、できる限り簡潔に説明をするだけでなく、どんな会社なのかイメージできるようにするのが望ましいです。

indeedを活用し、さらに効果をあげる方法

indeedをせっかくやるのであれば、ただ結果を見て「良かった」「悪かった」の判断だけをするのは、非常にもったいない運用方法です。自社のホームページや採用サイトの採用情報のページをチューニングして、より良い形に育てていくための施策なども取り入れてみるのはいかがでしょうか。

転職活動をするユーザーもホームページをチェックすることが当たり前の時代なので、定期的にチューニングをすることで全体の採用効果を底上げをしていくことがポイントになります。無料の直接投稿型を利用の場合でも、求人原稿の見直しをすることで効果改善が期待できるかもしれません。「データを集計したり、分析することが苦手」という方でも、indeedの機能を使った、簡単なホームページのチューニング方法ご紹介します。

indeedには求人アナリティクスという機能があり、傾向を見ることができます。登録している求人の中でどの職種が一番クリックされているかという職種ランキングや、勤務地、検索キーワードなどを見ることができます。特にデータを集計したり分析したりする必要がなく、一目でわかりやすい状態で表示してくれるので手間などは一切ありません。この求人アナリティクスの情報を使い、以下のような施策が出来るようになります。

<無料掲載・有料掲載に共通する方法>


①indeedの掲載順位の仕組み(アルゴリズム)
indeedの掲載順位の仕組みの詳細はブラックボックスとなっていますが、
①検索キーワード、②求職者の行動履歴、③詳細ページの内容
の3点のマッチ度によって、求職者のニーズに最も合致すると思われる求人が表示されるようになっているようです。今回は、indeed広告において応募がこなくて困っている人を対象に、この記事を書かせていただきましたが、ここでお伝えしたことは求人をする上で基礎的な内容ともいえます。

そのため、今まさに応募がこないなどで悩んでいるのであれば、ぜひ求人情報の改善を試してみてください。自社の求人原稿のキーワードや詳細ページの内容を求職者のニーズに合うものに変更しておくことが一番重要です。

②掲載ページ自体をindeed好みの仕様に変更する

とはいえ求職者のニーズはその時々によって変化します。そういった場合にはGoogleのSEO対策と同様に、indeed(インディード)の検索エンジンに好まれる仕様にページを変更することが最も掲載順位や効果出しに有効と言われています。具体的にどこをどう変更すると良いのかは各求人やWebページの仕様にもよりますが、以下のような点は推奨基準として挙げられています。

「必須」
①会社名:
■会社名の項目に会社名・勤務先店舗以外の文言は含めないこと
②職種名:
■職種名に職種以外の文言(雇用形態・会社名・給与情報・未経験歓迎等のキャッチなど)は記載しないこと

「尚可」
①効果的な職種名:職種名は明確で具体的であると効果的です。
業務内容を記載する。特定の業界の経験がある候補者をお探しの場合は、業界を明確に記載することでより適格な候補者を見つけることができます。例えば、「医薬情報担当者 (MR)」は一般的な「営業職」よりも業界が限定されています。

②職種名に避けるべき内容:
■文章のような職種名
■記号
■社内の用語、求人番号、略語等は求職者にとって分かり辛く、検索されない可能性が高いです。

③効果的な仕事内容:
仕事内容は候補者がその求人に適正かどうか判断ができるよう具体的にしましょう。

④仕事内容に含めるべき内容:
■仕事内容や責務
■会社の雰囲気や文化
■福利厚生
■必要な学歴や資格
■望ましい経験年数

⑤効果的な勤務地:
勤務地は市区町村以下の詳細レベルまで記載していただいた方が好ましい。特に、職種名のポイントは求人サイトのキャッチコピーと勘違いして押さえられていないことも多いので、注意が必要です。

例えば、職種を入れるべき箇所に下記のような文言があった場合、indeed(インディード)好みの仕様とは言えません。

例)【未経験歓迎★月給30万円~!】誰でもカンタンにできるお仕事です♪業界未経験でも3ヶ月でリーダー職の先輩も!
職種と関係の無い待遇面の文言が入って23文字を超過している他、「【】、★、!、♪」といった記号や感嘆符なども入ってしまっています。求人広告のキャッチであれば思わず目に留めてしまうような気がしますが、indeed推奨基準に則っていることが大切です。また掲載ページ自体を増やしてヒット率を上げる方法も有効的です。「職種」「勤務地」「仕事内容」が1セットになった求人案件数が自社の採用サイトに多いほど、検索でヒットする機会が増えますので、効果が出やすくなると言えます。

例えば、同じ仕事内容でも勤務地が違う求人を別の案件として自社採用サイト内に作成しておけば、ヒット率は上がるわけです。ただし重複案件とみなされる求人は極力表示しないロジックになっていますので注意が必要です。

今回はindeedは運用しているが、応募が来ない人を対象に解決策を述べてきました。原因は、決して人がいないわけでも会社が悪いわけでも仕事内容が悪いわけでもなく、しっかりと魅力的に伝わっていないのが問題です。しっかりと伝えて、魅力的にすることで効果を感じてもらえることができます。

是非試してみてください。

 

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

コラム一覧
SNSでシェア