リクルーティングコラム

Indeedとリマーケティング広告を掛け合わせ、効果倍増?!



indeed経由で自社の求人ぺージに訪れ、離脱したユーザーをそのままにしていませんか?
もし離脱ユーザーへのアプローチを何も行っていないのであれば、それは非常に勿体無い話です。実は離脱したユーザーの中には応募を検討していたけど応募を保留にし、検討段階中であるというユーザーも含まれています。なのでそういったユーザーに、再びアプローチすることができれば応募率が上がります。
 
では一度離脱してしまったユーザーにどうやってアプローチするのでしょうか?その再びアプローチするための方法がindeedに加えて、リマーケティング広告を活用するという方法です。
 
具体的には、GDN(グーグル・ディスプレイ・ネットワーク)やYDN(ヤフー・ディスプレイアド・ネットワーク)を使います。GDNやYDNについては後で詳細に解説しますのでご安心して、このまま読み進めて下さい。GDNやYDNはindeedのサービスではないですが、indeedと組み合わせて使うことで効果を最大化することができます。そこでこの記事では、indeedでの採用の効果を最大化するための、indeedとリマーケティング広告の組み合わせた活用法について詳しく解説していきます。

このコラムの目次

そもそもリマーケティング広告とは何か?


そもそもリマーケティング広告が何なのか知らないという方もいるのではないでしょうか?そこで、まずはリマーケティング広告について解説させて頂きます。 リマーケティング広告とは、簡単に言ってしまうと、1度、自社サイトを訪れたユーザーを、サイト離脱後も追跡する広告のことです。あなたも1度訪れたサイトの広告が、他のいろんなサイトでも出て来た、ということがありませんか?それがリマーケティング広告です。

そして実はリマーケティング広告以外にもリターゲティング広告という同じような名前の広告があります。この2つの広告は、どちらも同じタイプの広告サービスです。両者の違いは、提供しているのがGoogleかYahoo!かの違いです。 Googleが提供しているグーグル・ディスプレイ・ネットワーク(GDN)のことを、リマーケティング広告と呼び、Yahoo!が提供しているヤフー・ディスプレイアド・ネットワーク(YDN)のことをリターゲティング広告と呼びます。 どちらもユーザーを追跡する同じタイプの広告サービスなので、この記事ではリマーケティング広告という言葉でひとくくりに使って解説させて頂きます。

まとめると、Googleが「リマーケティング」、Yahooが「リターゲティング」となる。

indeedとリマーケティング広告を両方使うべき理由


indeedでスポンサー求人広告を出すなら、必ずリマーケティング広告も出しておくべきです。
その理由は、indeedのスポンサー求人広告にかけ合わせてリマーケティング広告を使うことで応募率が上がるからです。indeedのスポンサー求人広告を出しても、その求人ページに訪れた人のほとんどが離脱してしまいます。一般的なウェブサイトのぺージでも成約率が10%を超えているウェブサイトのぺージはほとんどありません。

つまり、90%以上のユーザーが離脱してしまっているのです。それは求人ぺージも同じです。90%以上のユーザーが離脱してしまいます。ですがその求人ページに興味がなかったかというと必ずしもそうではありません。離脱してしまった90%のユーザーの中には、「応募しようかどうか検討していた」という応募の検討段階にいるユーザーも含まれているのです。

離脱したユーザーの中には、自社に興味を持ってくれているユーザーが含まれています。なのでそういったユーザーに再度、アプローチすることができれば、応募率が上がるというわけです。

そして、それを実現する方法が、リマーケティング広告なのです。 なのでリマーケティング広告を使わないと、せっかく自社に興味を持ってくれたユーザーを取りこぼすことになりますので、非常に勿体無い話です。もちろんindeedでの効果も最大化できません。 なのでindeedとリマーケティング広告を両方使うことは、indeedでの採用活動の効果を最大化するためには非常に有効であり必要な施策なのです。

ところで、リマーケティング広告の仕組みはどのようになっているのでしょうか?

知っておきたいリマーケティング広告の仕組みとは


ここでリマーケティング広告の仕組みを理解しておきましょう。リマーケティング広告の仕組みを知っておくことで、広告がユーザーに配信させるまでのイメージができるようになるので、リマーケティング広告を扱いやすくなります。 リマーケティング広告が離脱したユーザーを追跡できるのは、cookie(クッキー)という仕組みを利用しているからです。cookie(クッキー)とは、ウェブサイトに訪問したユーザーの情報を一時的に保存する仕組み、あるいはそのデータのことです。一時的に保存するデータは、ID、パスワード、メールアドレス、訪問回数などがユーザー情報として保存されます。

そして、このCookie(クッキー)という仕組みがあることによって、ウェブサイト側がユーザーを識別することができるようになっています。そのおかげでウェブサイト側はユーザー個人に対応した広告を表示することができるようになっています。 このような仕組みによってリマーケティング広告は、離脱したユーザーを追跡し、広告を出しているのです。リマーケティング広告の仕組みは、「cookie(クッキー)」の話が出てきて難しいと感じるかもしれませんが、その仕組みの技術的なことは完璧に理解していなくてもリマーケティング広告は運用できますのでご安心下さい。

indeedとリマーケティング広告を掛け合わせた施策の実際

indeedは、リマーケティング広告やリターゲティング広告も併せて運用することで、効果を最大化できます。リマーケティング広告を実際に使うと、上図のようになります。indeedから自社サイトの求人ぺージに訪れ離脱してしまった求職者が、再度自社の求人ページに訪れるようにすることができます。 この仕組みによって、応募率を高めることできます。

まとめ

リマーケティング広告を活用することで、ユーザーの再訪問を促せるため、応募を忘れてしまっていた求職者や、応募の検討段階であった求職者に対しても再度アプローチすることができ、応募率増加の効果が期待できるようになります。ですが indeedと、リマーケティング広告やリターゲティング広告を運用するための管理画面が異なりますので面倒であったり、広告費用がかかったりするデメリットはありますが、結果的に応募単価を安くすることができます。

運用経験がないと無駄にお金を使ってしまい、さらに効果が出ない可能性もあります。弊社はindeedでの採用活動を支援しておりますので、indeedとリマーケティング広告を活用したいという企業様はお気軽にご連絡ください。

 

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

コラム一覧
SNSでシェア