リクルーティングコラム

求人募集広告の費用は?媒体の特徴や掲載料金をまとめ

近年、求人募集広告は主にネットを使って行われることが多くなっています。

求人サイトは、新卒、中途、パート・アルバイトなど、求職者の属性に応じてさまざまなものがあります。

情報を掲載するだけでなく求職者にメールでアプローチできる、あるいはSNSのようにメッセージを送るなど、ターゲットに合わせて採用活動を効率よく進めるための機能を備えたものもあります。

この記事では、求人募集サイト・サービスの特徴や掲載料を紹介します。

新卒採用向け求人サイト

新卒採用には、経団連(経済団体連合会)が定めた企業の採用活動に関する「就活ルール」が適用されます(ただし、就活ルールは2022年卒から廃止され、翌年度以降は流動的です)。

広報活動は大学3年次の3月から開始されるので、ライバル他社に後れを取らないように求人を進めていかなければなりません。

新卒採用では、採用計画を作成したうえで求人広告を作成し、選考、内定者フォローなどを行なう必要があり、業務内容が煩雑になります。

しかし、いずれの業務も採用活動において重要であるだけに、どれかひとつをないがしろにするわけにはいきません。

そこで活用したいのが採用サイトです。採用サイトがあれば人事の業務を大幅に軽減できるうえに、採用に関する情報を明確かつ詳細に求職者に届けられます。

自社の魅力を存分にアピールし、しっかりとコミュニケーションを取ることができれば応募者の増加にもつながるでしょう。

そこで、新卒採用に使える求人情報サイトについて特徴や料金を紹介します。

マイナビ

求人サイトとしての認知度が抜群に高いのが大手就職情報サイトであるマイナビの特徴です。

新卒採用サイトの定番と言える存在であり、就活生からは「最も利用した転職サイト」として不動の人気があります。

新卒採用を考える企業にとっては外せない求人サイトのひとつです。

URL https://job.mynavi.jp/
掲載料金 実務の中で、業務に必要な技術・知識やローカルルールを習得
オプション DM・スカウトメール:自社とのマッチング率の高い就活生に直接アプローチが可能
バナー広告:自社求人をサイト上で目立たせてアピールできる

リクナビ

マイナビと並ぶ大手求人サイトのひとつがリクナビです。

新卒採用向けに4種類の求人サイトを運営しており、採用したい人材に合わせて掲載できるのが特徴で、特に東京や大阪などの人口の多い都市ほど掲載企業が多くなっています。

利用している企業の半分以上が中小企業を締めており、入社までリクナビのアドバイザーがしっかりとサポートしてくれます。

URL https://www.recruitcareer.co.jp/business/
掲載料金 リクナビ(就職活動者向け):30万円~
リクナビ合同説明会:10万円~
リクナビ就職エージェント:成功報酬タイプ1名あたり100万円
就職shop:成功報酬タイプのため問い合わせが必要
オプション 検索結果画面トップPR:検索結果一覧の最上部に表示
検索結果画面アップ:検索結果一覧で12週間上位に表示されます
スピードアプローチ:求人を閲覧または「気になる」をクリックした求職者に自動でメッセージを送れる

朝日学情ナビ

中小企業向けの若手人材採用サービスが朝日学情ナビです。

新卒や第二新卒などの人材採用に強みを持っており、2020年9月時点で学生の登録者数は40万人を超えています。

一方で、掲載社数は2,300社程度ですから、多数の求職者に自社の情報を見てもらえる可能性があります。

URL https://service.gakujo.ne.jp/
掲載料金 ライトプラン:70万円/1年、50万円/24週、35万円/12週
スタンダードプラン:100万円/1年、80万円/24週、45万円/12週
プレミアムプラン:140万円/1年、120万円/24週、60万円/12週
オプション プラチナ求人案内:希望条件に合致する学生へ自社の求人を案内する機能
あさがくナビコミュニケーター:学生と直接コンタクトをとれる機能
プラチナダイレクトスカウト:既読になるまで3日間、学生のマイページ上に上位表示する機能

WantedlyAdmin

月間200万人が利用するビジネス向けSNSです。低コストで人材を募集できるので、求人にかける予算の少ない企業に向いています。

人材募集のページを簡単に作れたり、ダイレクトにスカウトできたりするなどサポートが豊富なのも魅力です。

SNSだけに魅力のある求人内容なら拡散される可能性も高くなります。

URL https://www.wantedly.com/about/list/
掲載料金 ライトプラン:4.5万円(半年契約)、4万円(1年契約)、3.5万円(2年契約)
ベーシックプラン:15万円(半年契約)、13万円(1年契約)、11万円(2年契約)
プレミアムプラン:20万円(半年契約)、17万円(1年契約)、14万円(2年契約)
オプション ダイレクトスカウトオプション:自社のニーズに合った候補者へ直接メッセージを送れる機能
写真撮影オプション:カメラマンが自社を訪れ、Wantedly上で自由に利用できる写真を撮影
動画制作オプション:募集要項に動画を差し込み、オフィス風景や社内の雰囲気をアピールできる

dodaキャンパス

ベネッセが提供するサービスのdodaキャンパスは、オファー型の新卒採用サービスです。

学生のオファー開封率が88%もあることから、狙った人材と接触できる可能性が高くなるでしょう。

業界最安値の料金体系なので、負担を抑えながら自社とマッチする人材の獲得が可能になります。

URL https://campus.doda.jp/enterprise/business/
掲載料金 22卒ベーシック定額プラン:定額60万円
21卒後期定額プラン:定額36万円
※料金プランは相談可能
オプション 22卒対象つながり枠数増加オプション:22卒ユーザーへのつながり枠を、申し込み枠数に応じて増枠するサービス

中途採用向け求人サイト

中途人材の場合、企業の認知度や将来性など以外に、自身のキャリアアップや年収の向上、働きやすさなどを考慮して応募する傾向にあります。

優秀な人材を確保するためにも、会社のビジョンと募集背景、具体的な業務内容を明確に掲載しましょう。

ここでは、中途人材の募集に使える採用サイトの特徴や掲載料金を紹介します。

ハローワーク

人材を採用したいと考えてもコストはかけられないという企業にとって、第一に考えたいのがハローワークの利用です。

求人票を無料で掲載できるうえに、条件を満たせば助成金を受け取れるメリットもあります。

求職者の多くがハローワークを利用しているので、一般的な求人媒体よりも多くの応募者に見てもらえる可能性が高いです。

ただし、求人票の作成や採用選考などは自社で対応することになるため手間がかかりますし、採用条件に満たない人材からの応募があるなどのデメリットもあります。

※あわせて読みたい

【《記入例つき》無料利用OKのハローワークの求人票掲載方法と3つのメリット】

マイナビ転職

人大手企業はもちろん、全国各地の中小企業まで活用しているサービスがマイナビ転職です。

大手の採用サイトだけあって、登録している求職者の希望職種が豊富で、しかも20代から30代までの社会人が多いのも特徴になっています。

営業拠点数は全国に52箇所もあるので、地方の企業にとっても希望する人材を獲得しやすいでしょう。

URL https://tenshoku.mynavi.jp/publish_inquire/
掲載料金 4週間20万円~
オプション スカウト機能:自社の希望条件に合わせて検索をかけ、採用したい人材だけにメッセージを送れる
追加画面:より詳しい自社の情報を伝えることができる
S企画限定:自社求人の注目度を高めるために最上位表示できる

リクナビNEXT

大手の求人サイトであるリクナビNEXTは、日本最大級の登録者数を誇ります。

求人ページの種類も豊富ですし、低価格帯のプランがあるのも魅力です。

求人ページはリクナビNEXTのスタッフが効果を最大化できるように作成してくれるので、採用活動の手間を減らしつつ欲しい人材を獲得できます。

URL https://www.recruitcareer.co.jp/business/career_recruiting/rikunabi-next/
掲載料金 2週間18万円~
※複数のプランがあり、料金が高くなるほど掲載できる情報量が増える。
オプション 求人告知メール:事前に設定した条件に合致する求職者に対してメールを送れる機能
N5+:求人原稿を目立たせるために上位表示できる機能
フリー画面:自由なレイアウトで情報を掲載できる機能

doda

日本最大級のスカウト会員データベースを利用し、転職希望者に直接スカウトメールを送信できるのがdodaの特徴です。

転職フェアを開催しているほか、人材紹介サービスも手掛けるなど、幅広いサービスで人材採用をサポートしてくれます。

応募者の口説き方の提案なども行なっているので、人材採用に精通した社員がいない会社にもおすすめです。

URL https://www.saiyo-doda.jp/lp/tm/main/
掲載料金 4週間25万円~
※ほかに4つのプランがあり、料金が高くなるほど掲載できる情報量が増える。
オプション 会社説明会ページ:直近3カ月の会社説明会を掲載して集客につなげる機能
エリアロゴバナー:勤務地で検索したユーザーに対してバナー広告を掲載できる機能

エン転職

せっかく人材を採用しても思うような効果を得られなかったというケースはよくあります。

エン転職では、人材が入社した後に活躍することをゴールに考えており、退職リスクを防ぐツールの無料提供をしています。

予算に関係なく豊富な情報量の求人ページを作成できるので、コストが限られている会社にもおすすめです。

URL https://employment.en-japan.com/
掲載料金 4週間28万円~
※ほかに4つのプランがあり、料金が高くなるほど掲載可能な情報量と利用できる機能が増える。
※掲載地域により料金が変わる
オプション カテゴリー追加:1職種につきカテゴリーを1つ追加できる機能
メルマガ・ターゲットオファー:会員向けメールマガジンに自社の求人情報を掲載できる機能

Wantedly

3万5,000社以上が利用するWantedlyは、給与・待遇の記載ができないという変わった仕組みです。

求人サイトではなくビジネスSNSという扱いで、求職者と企業をマッチングするサービス体系になっています。

利用者はやりがいを求める20~30代の若手が多く、まずは会社を知り、興味をもった人材からの応募が集まるという異色のスタイルです。

URL https://www.wantedly.com/about/list
掲載料金 トライアル:無料
ライトプラン:4.5万円/月
ベーシックプラン:15万円/月
オプション ダイレクトスカウト:条件に合致する人材にアプローチできる機能
Facebook、Twitter広告:ターゲットを絞ってSNSで配信できる機能
シンプルライティング:募集掲載文の代筆をプロに依頼できる

ビズリーチ

欲しい人材をダイレクトにスカウトできるのかビズリーチの魅力です。

ビズリーチ独自の審査を通過した人だけしか登録できない仕組みになっており、登録者とは直接やり取りできるので採用選考まで迅速に進められます。

求職者の希望条件が分かるのでミスマッチが起こりにくく、即戦力となる人材を短期間で採用したい会社におすすめです。

URL https://bizreach.biz/service/bizreach/
掲載料金 システム利用料:85万円
入社時に成功報酬:理論年収の15%

Green

IT企業の人材採用に強みを発揮しているGreenは、成功報酬型の求人メディアです。

多数登録しているデザイナーやエンジニアなどのIT人材に向けて、プロのライターが作成した採用広報でアピールできます。

固定料金で無制限の掲載時間のため、採用コストを抑えられるのも特徴です。

URL https://www.green-japan.com/
掲載料金 初期費用:ミニマムプラン45万円~プレミアムプラン120万円
成功報酬:30~90万円(地域により異なる)
オプション PRタブ:自社の取り組みや制度を求職者に訴求できるコンテンツ
インタビュータブ:代表や責任者のインタビュー記事を掲載できるコンテンツ

アルバイト・パート採用向け求人サイト

アルバイトやパートで働くことを希望している人は、自身のライフスタイルに合わせた働き方を希望している傾向にあります。

そのため、短時間勤務が可能だったり、働きやすい環境だったりする点をアピールすることが大切です。

ただし、掲載する求人サイトは厳選する必要があります。ここではアルバイト・パート向けの求人サイトを紹介します。

タウンワーク

アルバイトやパートの仕事探しの情報源として多くの人に利用されているタウンワークは、居住地域で働きたい求職者をターゲットにしているため、狭いエリアで人材を集めたい起業に向いています。

無料配布されていることもあり、多くの人の目に留まりやすいので自社の認知度アップを狙う企業にもおすすめです。

コストをできるだけ抑えたいならWeb限定のタウンワークオンラインのほうが良いでしょう。

URL https://townwork.net/twc/jobpost/price/index.html
掲載料金 タウンワーク:19,000円/週~
タウンワークオンライン:18,000円/2週~
オプション オウンドパック:タウンワークとIndeed、ジョブオプLiteにセットで掲載できるプラン
モバイルセット:タウンワークネットとフロムエーナビの両方に掲載できるプラン
タウンワークアプリチャット機能:応募者と直接やり取りができるチャット機能

マイナビバイト

マイナビバイトは利用者の年齢層が低いのが特徴で、20代が半数以上を占め、30代までで全体の80%を占めていることから、若年層の人材を雇用したい企業にマッチしていると言えます。

地域密着の専任担当者が2人1組でサポートしてくれるので、きめ細かい採用活動ができるでしょう。

掲載を依頼した後は、最短2営業日で掲載されるスピード感も魅力です。

URL https://baito.mynavi.jp/forkigyo/
掲載料金 ADライト:2万円/週~
ADスタンダード:3万円/週~
ADスタンダードプラス:3万5,000円/週~
ADスーパー:5万6,000円/週~
ADプレミアム:14万円/週~
オプション バナー広告、新着上位表示、面接確約フラグ、急募フラグなど全25種類

LINEバイト

LINEアプリから直接アクセスできる利便性の高さが売りの求人サイトです。

日本国内で8,400万人もいるといわれているLINEユーザーが潜在層だと考えると、魅力的な求人媒体と言えるのではないでしょうか。

もちろん、ほかの求人媒体と同様に直接アプローチできるオファー機能も用意されているので、企業側にとっての利便性も高いです。

URL http://baito.line.me/
掲載料金 マイナビバイトに掲載すると、自動的にLINEバイトにも掲載されるので、LINEバイトの掲載料金は実質無料です。

バイトル

バイトルは、すぐにでも人材が必要という企業にマッチする求人サイトで、最短当日から掲載できます。

求人原稿の作成方法や応募者対応の方法、面接におけるポイントなどもサポートする体制が整っているので、採用スキームが整っていない会社でも安心して依頼できます。

URL https://www.baitoru.com/form/sales/contact.html
掲載料金 2週間4万2,000円~(地域により異なる)
オプション Close・up!:自社のオリジナルページを作成し、バイトルのトップページからリンクできる
チュ~モクお仕事!:特集テーマに合わせて入稿できる商品

イーアイデム

求人に関する多彩なサービスを提供しているアイデムでもアルバイトやパートの募集ができます。

よく知られているのは総合求人サイトのイーアイデムでしょう。

地元の求職者に強く、またミドルシニア層や女性層に抜けた求人も多く取り扱っています。

月間訪問者数が約400万人ということですから、多くの人に求人情報を見てもらえる可能性が高いです。

URL https://www.aidem.co.jp/business/advertising/e-aidem/index.html
掲載料金 エコノミー:3万円/週~
スタンダード:6万円/週~
ハイグレード:9万円/週~
プレミアム:25万円/週~
オプション エリアトップバナー:エリアトップページにピクチャーバナーを掲載できる
スターオプション:同じプランの他社求人よりも上位に表示できる
カラーオプション:自社の求人部分が黄色でマークアップされ、他社求人と差別化できる

クリエイト

新聞折込・ポスティング・インターネットの3媒体にセットで求人情報を掲載できるのかクリエイトの特徴です。

求人広告を掲載すると約80%が6日以内に応募があるということですから、採用活動の期間を短くしつつ大量募集したい企業に向いています。

設立は1968年で老舗的存在のサービスですから、培った求人ノウハウでサポートしてくれるでしょう。

URL https://www.create-group.co.jp/corporateclient/
掲載料金 ネット、折込、ポスティング、3媒体セットの基本セットプラン:29,000円/週~
クリエイトバイト:2週間5,000円~
オプション 画像差し替え:PR画像の差し替えが可能
メールアカウント追加:最大5アカウントまで追加できる
ライター・カメラマン派遣:専属ライターとカメラマンによる取材・原稿作成、撮影

求人検索サイト

従来型の求人サイトでは掲載料が高くて手が出せないという企業の場合、求人検索サイトに注目してみる手もあります。

求人検索サイトでは無料掲載も可能ですし、クリック課金の広告費を支払って自社の求人内容を見つかりやすくすることもできます。

正社員やアルバイト・パート、業務委託などさまざまな求人があるので利用を検討してみましょう。

Indeed

「求職者が集まる世界№1の求人検索エンジン」として注目されているIndeedは、求職者の希望条件を入力すると複数の求人サイトからマッチする情報が表示される仕組みです。

今まで複数の求人サイトを移動しながら見ていた求職者の利便性が大きく向上しており、効率よく目的の求人にたどり着けるようになっています。

有料の場合の掲載料は、クリック単価ごとの課金となります。

URL https://jp.indeed.com/
掲載料金 無料
オプション スポンサー求人枠:求人広告の閲覧により料金が発生する
※あわせて読みたい

【Indeed(インディード)に広告を出したい!かかる費用の目安とは】

求人ボックス

求人ボックスは無料で求人を掲載できるサイトです。

無料であるだけに多数の企業が求人を掲載しているので、できるだけ上位表示させなければなりません。

基本的に、求人票の入稿時に詳しく書くことで上位表示されやすいといわれていますが、どうしても期待する応募者が現れない場合は上位表示が可能な有料枠もあるので利用を検討してみましょう。

有料で掲載する場合はクリック単価ごとの課金になります。

URL 求人ボックス.com
掲載料金 無料
オプション スタンダードプラン:1クリックあたり50円
プレミアムフラン:1クリックあたり50~100円
※あわせて読みたい

【求人ボックスとは?無料・有料での掲載方法・Indeedほか競合との違いを解説】

スタンバイ

ビズリーチ社が提供する、スマホからでもすぐに無料で求人作成できる手軽さが魅力の求人検索サイトです。

無料サービスとはいえ、自社の条件にマッチする応募者に対してスカウトを送れますし、返事が届いたらチャットでやりとりも可能です。

ただし、利用するためにはガイドラインをもとにした審査が行われるので事前に確認しておきましょう。

URL https://kantan-kyujin.com/
掲載料金 無料

Googleしごと検索

Googleしごと検索とは、求職者が希望する仕事を検索すると求人情報が表示されるGoogleの機能です。

企業レビューも表示されるようになっているので、自社のブランディングに役立てることもできます。

Googleしごと検索の大きなメリットは、検索結果の表示位置が上部に来ることです。

ただし、応募する機能などは備わっていないので、あくまでも求人情報を見てもらうという役割になります。

まとめ:媒体の掲載だけでなく、自社サイトも充実すべき

求人サービスが、さまざまなニーズに応えていることがわかりましたが、求職者は求人サービスだけでなく、募集をしている会社のWebサイトも見て判断するはずです。

制約や掲載期間がある求人サイトでは言い足りなかった会社の魅力を伝えるために、自社の採用サイトは必要不可欠と言えます。

人材育成は採用段階から始まっていると考えると、自社にマッチする人材を確実に採用したいところですが、自社で採用サイトを立ち上げて運用するには何かと手間がかかり、工数も増えるなどの問題もあるでしょう。

そこでおすすめなのが月1万円から利用できる採用マーケティングツールのトルーです。

かんたんに採用サイトや応募フォームを作成することができるうえに、応募者の管理機能、求人検索サイトの広告パフォーマンス分析機能も備えています。

LINE応募や求人票や応募者のCSV一括ダウンロードなど多彩なオプション機能も用意されているので、各企業様に合った活用方法が可能です。

専用担当者によるサポートで、採用戦略のアドバイスももらえるので、この機会に利用を検討してみましょう。

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像 自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています 採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

コラム一覧
SNSでシェア