リクルーティングコラム

あなたが目指すべきキャリアとは。自分の経験と能力を磨く方法

ビジネスパーソンのイメージ

社会人になって仕事をしていくなかで「キャリア」や「キャリアパス」「キャリアデザイン」などの言葉を聞くことがあります。キャリアとは、仕事や経験、出世などのイメージで語られる概念です。仕事の経験を重ねることで、勤務先やプロジェクトでの自分の重要度が増し、長期的には自身の価値を高めていくことができます。では、どうしたら自分のキャリアを磨くことができるのでしょうか。

キャリアを磨くにはどういう方法があるのか

キャリアという言葉ですが、一般的には「仕事上での経歴や経験」「職業、とくに専門的な技術を持つ職業」「技術を必要とする職に就いている人」のことを言います。国家公務員試験Ⅰ種の合格者を指すこともありますが、それはここでは省きます。

キャリアと似た言葉にスキルがありますが、スキルは仕事をするときに必要な技術そのものを指します。一方、キャリアはもう少し意味が広く、仕事を遂行するための能力を指していることが多いようです。

ちなみに、厚生労働省の「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会 報告書要旨」ではキャリアを「『キャリア』とは、一般に『経歴』、『経験』、『発展』さらには、『関連した職務の連鎖』等と表現され、時間的持続性ないし継続性を持った概念として捉えられる。『キャリア形成』とは、このような『キャリア』の概念を前提として、個人が職業能力を作り上げていくこと、すなわち、『関連した職務経験の連鎖を通して職業能力を形成していくこと」と捉えることが適当と考えられる」としています。つまり、キャリアは経験やスキルを継続的に磨いていくことで得られると考えられているのです。

多くの企業が終身雇用制度を維持できなくなった現在では、個人のキャリアアップに向けての活動は重要となりました。以前は会社に入ったらそのまま年齢に応じた道が用意され、それに応じて収入も上がっていき人生は安泰という人も多かったと思います。しかし、現在はどの企業でも不安定な状況にあり、働く個人が十分なキャリアを重ねられることが困難になっています。キャリアアップを求めて転職することも当たり前になっています。

一方で、労働人口の減少によって、企業は常によい人材を求めています。働き手としては、キャリアアップを実現するための転職がしやすい状況とも言えます。ふさわしいキャリアを重ね、またスキルを手に入れておけば、希望の職に就くこともできるでしょう。

企業は競争力を高めるために、優秀な人材を求めるだけでなく、さらにキャリアアップ、スキルアップのチャンスを従業員に用意する傾向にあります。年功序列ではなく、実力に応じた立場や仕事を用意するなど、個人の能力をより尊重する企業が増えているのです。そのため、働く側としては、自分で定めたキャリアデザインと企業のドメインやミッションが適合していれば、その企業そのまま勤務し続けるか、また転職をするかに関わらず、キャリアアップの機会に恵まれていると言えるでしょう。

キャリアデザインを考える

仕事のイメージ

キャリアアップをすることで以下のようなメリットが考えられます。

  • ・収入や待遇がよくなり、仕事の現場での権限も増える。
  • ・自分の価値を高めることができ、転職などでよりよい職を得られる。
  • ・スキルや社会的ポジションを生かして自分らしさの実現や社会貢献ができる。
  • ・出産、育児、介護、自身の病気やケガなどで職場を離れたあとに復帰しやすい。

よりよいキャリアアップを目指して先々の計画を立てることをキャリアデザインと言います。どのようなキャリアを積み、自分の人生に役立てていくかを、常日頃からイメージしておくとよいでしょう。もちろん、無理してキャリアアップなどせずに平坦に暮らしていたいというのも、ひとつの考え方です。

社内でキャリアを磨く

キャリアを磨く場としては、やはり勤務先での仕事現場が主となるでしょう。企業によっては、優秀な人材を確保・育成するためにキャリアップを支援する取り組みを社内制度として用意しているところもあります。また、厚生労働省では、一人一人の経済的自立を高め理想的なキャリアを獲得できるよう、実効性のある取り組みを行っている企業を表彰する「グッドキャリア企業アワード」を実施しています。

【企業が社員に対して行っている主なキャリアアップのための制度】
社内研修 階層別の座学での研修のほか、社員同士で企画し専門知識のある社員が講師役となる勉強会・セミナーや、社外講師を招いてのセミナーなどを設けているところがあります。費用や会場の提供などは会社が行います。
資格取得 会社が受験にかかる費用を負担し、業務に役立ちそうな資格取得をバックアップしている会社も多くあります。費用は会社が全額負担する場合や一部のみ負担する場合などがあります。また、受験に関する時間を業務内とする会社もあります。
社外セミナー 費用を全額または一部負担し、社外の講習やセミナーへの参加をバックアップしている会社も多くあります。会社が特定のセミナーや講座を推奨する場合もありますが、社員が自ら見つけたセミナーに対して費用の補助を行うところもあるようです。受講も業務の一環としてその間の給与が支払われるケースがあります。

普段のお仕事が忙しいとは思いますが、キャリアアップのために以上のような機会は積極的に利用したいところです。

自分でキャリアを磨く

セミナー・教育・独学のイメージ

勤務先が自分の思うような育成の機会を用意していない場合は、各所で行われているセミナーやスクールに参加して、キャリアアップのための知識やスキルを磨いたり、社外のコミュニティに関与したりするというのもひとつの手です。ビジネスマナー、営業、IT技術、マネジメントなど、自分の将来に必要と思ったセミナーに参加してみましょう。

セミナーではグループミーティングやRPG、ディスカッションなどが行われ、その中でさまざまな業界の人から刺激を受け、交流を深めることもできるはずです。また最近では、オンラインで受講できるスクールも増えており、時間の負担を少なくしながら学ぶこともできます。

また、自分の仕事上のスキルを活かした「プロボノ」と呼ばれるボランティア活動があります。普段の勤務先とは別の環境でそれぞれが本業でのスキルを持ち寄り、社会貢献などを行うものです。自分たちで企画を立て実行に移すというプロセスによって、自分の実力を試す機会を得られます。社外のさまざまな人材と交流ができ、新たな気づきに出会えることも魅力のひとつとされています。

ほかにも、コツコツと資格取得の勉強をするのも有効です。将来なりたいポジションにどんな資格が必要か調べて、勉強に励むとよいでしょう。

キャリアを磨くためにできること

キャリア相談のイメージ

キャリアアップをしていくにはいくつかの心構えや、やってみるといいことがあります。将来の自分のために今から実践してみてはいかがでしょうか。

積極的にチャレンジする

終身雇用制が崩れ、多くの人がキャリアアップを目指して転職をします。また、同一の企業に勤め続ける場合でも、よりよい人生のビジョンを描けるようにキャリアデザインをすることは重要です。ITやAI、ロボティクスなど、テクノロジーの進化によって目まぐるしく変化する社会について、常に考え、備えておくといいでしょう。

社内あるいは転職問わず、キャリアアップができるチャンスがあれば、積極的にチャレンジしたいところです。とくに、自分からは費用を出す必要のない社内のキャリアアップシステムはどんどん活用するといいでしょう。転職する場合は、応募や面接時に自分のキャリアデザインに合った制度や仕事があるのかをしっかりと見極めたいものです。

5年後のなりたい自分を明確にする

人生100年時代と言われ長く働く人が増えている中で、30年先、40年先までのキャリア考えようとしても、なかなか難しいものです。ですからまずは想像できそうな5年先の自分がどうなっていたいか、それには何が必要か考えてみてはいかがでしょうか。

5年後のなりたい自分をイメージし、そのときまでにどんなスキルや資金、資格、人脈が必要かを逆算して考えていきます。そうすれば自ずと今、何をすべきかが見えてきます。

自分から情報を発信する

仕事のチャンスはどこに転がっているか分かりません。SNSやブログを使用して自分のスキルやキャリア、資格取得の過程で学んだことなどを発信しているうちに、あらたなビジネスに出会える可能性があります。

平成29年には「働き方改革実行計画」が策定され、厚生労働省でも副業・兼業の普及を推進するようになりました。そのため、副業を解禁する企業も増えているので、ネットを通じて勤務先以外のコミュニティに参加するなど、世界を広げていくのもいいでしょう。

まとめ 将来設計からあるべき自分を目指す

キャリアは将来のあるべき自分を実現するために必要なものです。そこでキャリアデザインを行いながら社内や社外での学ぶ機会も積極的に利用し、キャリアアップを目指していきます。チャンスがあればキャリアにつながるような企画・セミナーに参加し、また、身に着けたスキルや経験をどんどんSNSなどで情報発信して世界を広げ、積極的に自分の市場価値を高めていきたいものです。

採用サイト制作の無料お問い合わせ、資料ダウンロードはこちら↓

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・Indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は2020年7月の情報を元に作成しています。

コラム一覧
SNSでシェア