リクルーティングコラム

採用効果を高める!採用サイトの動画活用方法と5つの最新トレンド

採用サイト 動画の画像

企業で採用を担当されている方には、自社採用サイトを運営する業務もあります。

「サイトが画像や文章だけで、少し味気ない」、「企業紹介動画やインタビュー動画も入れた方がいいのか」などの悩みもある方も少なくないでしょう。

この記事では、採用サイトに動画を取り入れている実際の事例からメリット、最新のトレンドについて紹介します。

あわせて、採用サイトで使用する動画を実際の制作の方法も解説していますので、ぜひ最後まで読み採用活動に役立ててくださいね。

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

採用サイトの動画活用事例の紹介

採用サイト 動画の画像

まず他社で採用サイトで動画がどのように活用されているのか、競合分析のためにも知っておくことが重要です。

ここでは、実際に採用サイトでどのように動画が活用されているのかイメージするためにも、採用使途の動画活用の事例を5つ紹介します。

株式会社ロフト

採用サイト 動画の画像

株式会社ロフトは、健康、文具、バラエティ、生活などの雑貨を取り扱う日本やタイで展開しているチェーンストア「ロフト」を運営している企業です。

株式会社ロフトの2023年度の新卒採用サイトでは、サイトを開いた最初の画面の最上部にYouTubeにアップロードされた動画が載せられています。

動画の内容は主に社員のインタビューとなっており、株式会社ロフトの各事業部の社員インタビューが含まれているのが特徴です。

また役員から現場の店長のインタビューも含まれており、会社全体の社員の声が盛り込まれています。

新卒で応募する学生が会社全体の社員の声を通して、企業の面白さや特徴が分かる動画になっているため、各事業部の社員から役員といったさまざまな社員のインタビューを載せたいと思う企業には参考となるでしょう。

株式会社タカラトミー

採用サイト 動画の画像

株式会社タカラトミーは日本の玩具メーカーです。

株式会社タカラトミーの新卒採用サイトでは、採用動画はサイト内の下部に「Movie」欄があり、企業理念を紹介する「コンセプトムービー」と社員紹介の2つの動画を掲載しています。

「コンセプトムービー」では人事担当の社員が最初に会社理念について紹介し、その他の社員も「会社でどのようなことを実現したいか」について語っているのが特徴です。

社員のインタビューを通して、社員が会社を通してどのような自己実現をしたいかアピールしたい動画を作成する場合には、参考になるでしょう。

ヤマハ株式会社

採用サイト 動画の画像

ヤマハ株式会社は、主に楽器から半導体、音響機器、スポーツ用品、自動車部品、ネットワーク機器の製造発売まで幅広い事業を展開する日本の企業です。

ヤマハ株式会社の新卒・第二新卒用の採用サイトでは、動画は採用サイト中央部に設置されており、ピックアップされた事業部の社員が各事業について紹介しています。

紹介動画は実際の事業風景がメインとなっており、補足で社員が想いや内容を紹介したり、海外に駐在している社員の活動を紹介したりしているのが特徴です。

実際の事業の活動内容を通して、会社の事業や理念を説明する動画を制作する場合には参考になるでしょう。

オムロン株式会社

採用サイト 動画の画像

オムロン株式会社は電子部品やヘルスケア製品から産業向け制御機器やシステムなどを取り扱う日本の電気機器メーカーです。

オムロン株式会社の採用サイトでは、サイト下部に設置された各種メニューの中に「動画ギャラリー」があり、その中に動画が8本あります。

動画の内容は主に創業者のメッセージと、未来志向型の企業の最新事業の紹介動画です。

特に科学技術系の企業で、これからの時代のための技術革新の取り組みをアピールしたい企業にとっては、参考になるサイトといえるでしょう。

USEN-NEXT GROUP

採用サイト 動画の画像

USEN-NEXT GROUPは、IoTプラットフォーム事業、音楽配信事業などを行う株式会社USEN、映像配信事業の株式会社U-NEXTや株式会社アルメックスなどを傘下に持つ日本の企業です。

USEN-NEXT GROUPの採用サイトでは、採用とサイト中央部に「Pick Up Contents」として、3つの動画があります。

動画は会社概要、自社事業と採用に関する情報を人事担当者が紹介する採用動画、会社CEOが求職者に向けたメッセージ動画の3つで、求職者目線の採用活動動画です。

「採用活動での就活イベントをスムーズにしたい」人事担当者の方にとっては参考になる採用サイトといえるでしょう。

採用サイトに動画を取り入れるメリット

採用サイト 動画の画像

動画は画像よりも情報を多く伝えられることがメリットです。

採用サイトに動画を組み込むことで、採用業務が受けるメリットは少なくありません。

ここでは採用サイトに動画を加えるメリットについて、5つのポイントを解説します。

求職者の記憶に残りやすい

動画を使用することは、他社との差別化を図ったりサイトを訪れる求職者に印象を与えたりするための有効なコンテンツといえます。

文字や画像のみ使用している採用サイトは多いですが、文字や画像だけだとサイトを訪れた求職者に流し読みされてしまう可能性が高くなります。

一方で動画であると目に留まりやすいと同時に、文字や画像よりも動画の方が一度に多くの情報を与えることができるのです。

また他社とは違う自社の特徴やアピールしたいポイントを、伝えることもできます。

他社との差別要素を動画に盛り込むことで、サイトを訪れる求職者に会社を印象づけやすいでしょう。

企業の雰囲気をイメージしやすい

会社を訪れたことのない求職者にとって、「会社でどのように働くのか」、「社員の雰囲気はどういうものなのか」といった不安は少なくありません。

そこで、会社のオフィスや社員の働いている姿や会話などを情報量の多い動画にすれば、求職者に会社の雰囲気を伝えることができ、入社前の不安の払拭にもつながるでしょう。

動画を使用することで、会社の雰囲気をサイトを訪れる求職者に伝えることができ、会社の雰囲気をよりイメージしてもらいやすくなるのです。

採用工数・経費が削減できる

企業紹介や採用に関する情報を動画にすることで、採用活動にかかる工数や経費の削減が期待できます。

企業説明会を行う前に、事前に参加者には企業紹介や採用に関する動画を視聴してもらうことで、質問時間や説明時間の短縮につながるのです。

特に採用に関する情報の動画については、採用のフローや応募資格など、求職者によく聞かれる質問を盛り込むと、質問時間の短縮に効果的でしょう。

自社のイメージアップにつながる

自社の強みをアピールすることは、競合他社との比較・差別できるポイントになります。

例えば、自社の社会貢献の活動や自社が持つ最先端技術の工場の風景などを動画にすることで、サイトを訪れる求職者に自社の強みや社会貢献活動をリアリティーをもって伝えることができるのです。

自社の社会貢献事業や強みとなる技術などがある場合は、積極的に動画にし採用サイトに盛り込みましょう。

※あわせて読みたい
【採用サイトの必要性|作成すべき5つの理由と得られる5つのメリット】

採用サイト×動画の最新トレンド5つ

採用サイト 動画の画像

視聴者にインパクトを与える動画には、最新のトレンドを追うことが重要です。

ここでは、動画制作をする上でおすすめしたい最新トレンドを5つ紹介します。

インタラクティブ動画

インタラクティブ動画とは、視聴者に何らかのアクションをしてもらうために、動画内にクリックボタンを設置した動画を意味しています。

例えば、動画内で視聴者がクリックをすることで、観たいストーリーが選択できたり、新たなアクションができたりと視聴者に動画に対してより積極的に参加してもらえるのが最大の特徴です。

インタラクティブ動画を採用することによって、視聴者の興味関心が高まったり、印象に残りやすいなどの効果があり、企業への応募の増加も期待できるでしょう。

アニメーション動画

アニメーション動画とは、動画にアニメーションを使った動画のことです。

アニメーション動画の特徴は、アニメーションを入れることで情報がまとまりやすく、伝わりやすい動画になることにあります。

例えば、企業に関するデータや金額などの数値をアニメーションを使って動画内で説明すると、視聴者は一目で見みて確認することができるため、情報をわかりやすく伝えることができるでしょう。

またアニメーションを使用することで、堅苦しいネガティブな印象を持たれやすいことでも、和やかな印象に変えることができます。

ドキュメンタリー動画

通常の動画の視点が視聴者目線であるのに対し、ドキュメンタリー動画では、動画内に登場する人物の視点になる点が大きな特徴です。

例えば、会社の社員の1日の業務内容をドキュメンタリー動画にすることで、現場社員の視点で自然な流れで1日の業務を視聴者に伝えることができます。

そうすることで、視聴者は1日業務紹介の動画を没入感をもって、つまり自分ゴトとして視聴することになり、よりリアリティーをもって伝えることができるのです。

ドキュメンタリー動画は、会社の業務内容やオフィスの雰囲気をリアリティーをもって伝えたいときには有効な手段だといえるでしょう。

ドローンを使った動画

通常の動画撮影だと、動画の視点が人の目線と同じになってしまいます。

しかし、カメラを搭載した空撮ができるドローンを使い、上空から撮影することで、人の視点ではなくダイナミックに撮影することが可能です。

例えば、メーカーの工場を撮影する際には、工場内の撮影を上空からすると、全体像や大きさを効果的に伝えることができます。

また足場が悪く、人がそもそも行くことができない場所でも撮影可能となるため、映像の幅が広がるのも特徴です。

縦型動画

スマートフォンの普及に伴い、採用サイトにスマートフォンからアクセスする求職者は増加しています。

横型の動画ではなく、スマートフォンに対応した縦型の動画を作成することで、スマートフォンを使用する求職者が動画を視聴しやすくなるといったユーザビリティーに配慮した動画になるのです。

ユーザビリティーを改善し、視聴者の満足度を高めることで、最後まで動画を視聴してもらえる可能性も高まり、会社をアピールすることにもつながるでしょう。

採用サイトに使う動画の種類

採用サイト 動画の画像

採用サイトに動画を取り入れたいと思っている採用担当の方のなかかには「動画を入れたいが、どういった動画を入れてよいかわからない」、「どういった動画の種類があるのか知りたい」という疑問を持っている方もいるでしょう。

ここでは、採用サイトに使用する動画の種類を、5つ紹介します。

企業紹介

企業紹介は企業のアピールを目的とした動画です。

企業をアピールし、他社との差別化を図るためにも、企業紹介の動画にはこれまでの会社の歴史や歩み、今後の会社の方向性や進む方向などの内容を入れましょう。

また、自社のサービスや商材の強み、自社独自の福利厚生などを入れることで、視聴者に他社とは違う自社の強みをアピールすることが可能です。

社員インタビュー

社員インタビュー動画の目的は、実際に働く現場の社員の雰囲気や「どのような人が働いているのか」を伝えることです。

入社前の求職者には、「どんな人が働いているのだろう」、「どういった雰囲気や業務なのか」といった不安があります。

現場社員は求職者が将来ともに働く可能性のある社員となるため、現場社員のリアルな声を求職者に届けることで、入社前の不安の払拭につながるでしょう。

代表あいさつ

代表のあいさつ動画のメリットは、会社の経営理念や人柄が伝えられる点です。

求職者に会社の経営理念に共感してもらうことで、応募の増加も期待できます。

また、会社の顔でもある代表の人柄や雰囲気を伝えることで、「この人の下で働いてみたい」と求職者に思ってもらうことも、会社説明会イベント傘下の増加や応募の増加など採用に関して重要だといえるでしょう。

職場環境・オフィス紹介

入社前の求職者は業務内容と同様に、実際に働く環境にも注目しています。

長い時間を過ごす職場の環境が自分のニーズとマッチしていると、将来に働く姿をイメージしやすくなり、モチベーションの向上にもつながるのです。

福利厚生の一環として、オフィスのカフェや食堂、休憩スペースなどがあれば動画にして紹介するとよいでしょう。

オンライン説明動画

オンライン説明動画とは、一度行った企業説明会の様子を撮影した動画のことです。

オンライン説明動画を採用サイト内に取り入れることで、求職者は時間や場所を選ばずに好きなタイミングで動画を視聴でき、多くの求職者に企業説明をすることができます。

また、オンライン説明動画を企業説明会やイベントの前に視聴してもらうことで、求職者は事前に質問したい事項をまとめることもできるでしょう。

質問時間や説明時間の短縮にもつながり、採用活動の工数や経費の削減にもつながります。

※あわせて読みたい
【必見!採用サイトに掲載すべき7つのコンテンツと4つの制作ステップ】

採用サイトの動画の制作手順

採用サイト 動画の画像

採用サイトのコンセプトや内容が決まったら、次は実際に制作する段階に入ります。

ここでは、採用サイトの動画制作の手順を、ステップごとにみていきましょう。

企画

企画で一番重要なことは、ターゲットを明確にすることです。

つまり「どういった人物を採用したいのか」を明確にして採用担当チームで共有することが重要です。

例えば、年齢や性別、居住エリアなどを書き出すとターゲットを明確にしやすいでしょう。

構成

次に動画の構成を決めましょう。

構成を決めないまま撮影を行うと、行き当たりばったりの撮影になってしまい、想定してしていた映像が取れなかったり、編集に時間がかかってしまったりすることがあります。

構成をまとめる上では、以下のポイントを洗い出しましょう。

・場所
・どのようなシーン・カットが必要か
・全体の流れ
・強調したい点
ノートに絵と文字を使ってまとめてみるとイメージが整理しやすくなるため、おすすめです。

撮影

しっかりと意図が伝えられる動画を制作するためにも、事前に考えた企画と構成をもとに撮影を行いましょう。

企画と構成を意識することで、必要な動画と不必要な動画のメリハリがつき、撮影時間を短縮できます。

構成によって、必要なキャストや撮影時間が変わるのでスケジュール調整も重要です。

撮影の際は、最終的に編集することを意識し、セリフなどを区切ってカットし撮影すると編集しやすくなります。

編集

「途中で何を伝えたいんだっけ」といった状態にならないために、撮影した動画素材を使って編集する際は最初に立てた企画・構成に基づいて行いましょう。

編集はこだわりすぎるときりがなく、時間がいくらあっても足りないため、極端にこだわりすぎないことも動画を編集するコツです。

最低限、必要な要素は以下の2つが挙げられます。

・字幕を入れる
・テーマや雰囲気になったBGMを入れる

動画の公開

編集した動画を実際に公開する時には、自社の採用ページだけではなく、YouTubeやInstagramなどのSNSにも投稿すると、より多くの求職者の目に留まる可能性が高まります。

InstagramやTwitterは短めの動画と親和性が良いため、公開先によって動画の編集を行いましょう。

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

採用サイトの動画の効果を高めるコツ

採用サイト 動画の画像

動画を作成し公開した後に「せっかく作る採用サイトの動画の効果を高めたい」「どういった内容を盛り込むべきなのか」と疑問を持つ採用担当者の方も少なくないでしょう。

ここでは、採用サイト内の動画の効果を上げるコツを3つ紹介します。

他社にはない自社の魅力を発信する

他社にはない自社の強みを発信することは、自社の魅力を求職者に伝える上で重要です。

例えば、「他社にはない特許がある」「独自の福利厚生がある」など、競合他社と比較して差別化できるポイントは、忘れずに動画に盛り込みましょう。

競業他社の採用サイトの動画を調べる

他社も採用サイトの動画はさまざまな会社が作成しています。

視聴する求職者に自社ならではの魅力や良さが伝わるよう、他社が掲載している採用サイトの動画を調査・分析し、自社の動画作成に活かしましょう。

例えば、勤務時間でフレックスタイム制があるかどうかや、働くオフィスの設備の充実さなど、他社にはない自社の魅力を動画に盛り込むのがおすすめです。

動画を観る求職者の視点を持つ

採用サイト用の動画制作で必ず意識しなければならないのが、自分目線になりすぎないことです。

視聴者を飽きさせないためにも、動画は1シーンを短めにしたり、映像の明るさも明るすぎず暗くないようにしたりすることも大切になります。

また「初めて見る人にも内容が伝わるかどうか」も意識しないと、自社の魅力を十分に伝えることはできません。

例えば、自社内で使われている専門用語を使用しすぎると、見る人に内容が伝わりにくい可能性があるため、注意が必要です。

まとめ

採用サイト 動画の画像

採用サイト内に動画を設置することで、採用活動の効率化が期待できます。

動画は文字や画像よりも情報量が多く、リアリティーをもって伝えられるため、自社の魅力や雰囲気を求職者に発信するには有効な手段だといえます。

効果的な動画を制作するためにも、動画を作成する際には、この記事で紹介した企画から動画公開までの手順を基にして行い、採用活動をより効果的にするヒントにしましょう。

採用活動をより効果的にしたいなら、トルーがおすすめです。

トルーでは自社の特徴や先輩インタビューなど、求職者に魅力ある採用サイトを作成できます。

採用コストを抑えて、応募者が増えたという実績があり、採用にお困りの会社様はぜひご検討ください。

無料お問い合わせ、トルーに関する資料のダウンロードはこちら↓

月々1.5万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1.5万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・Indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1.5万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2022年9月現在の情報を元に作成しております。

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

コラム一覧
SNSでシェア