リクルーティングコラム

看護師の採用単価の平均とは?採用コストを抑える方法も解説

看護師 採用単価の画像

採用単価とは1人雇用するときにかかる費用のことで、看護師の採用単価は他の業界に比べて高いのが現状です。

この記事では看護師の採用単価の相場や、採用単価の推移や傾向を紹介します。

看護師の採用単価の相場を紹介したあとに、具体的な採用単価を抑える方法や、なぜ採用単価を抑えることが重要かも解説していますので、参考にしてくださいね。

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

採用単価の基礎知識

看護師 採用単価の画像

ここからは、採用単価と採用コストの違いやそれぞれの計算方法といった採用単価の基礎知識について、詳しく解説します。

採用単価とは

採用単価とは1人を雇用するためにかかった平均費用のことで、求人媒体や採用ツールを使用した際に費用対効果を測るために用いられます。

採用単価は新卒採用か中途採用かで異なり、2019年度の新卒採用の平均の採用単価は93.6万円で中途採用の平均の採用単価は103.3万円でした。

参考:就職白書2020

採用単価の計算方法

採用単価の計算方法は「採用コストの総額÷採用人数」です。

例えば採用コストに400万円を使って10人採用した場合の採用単価は、40万円となります。

採用に関わる費用を抑えて採用コストの総額を下げるか採用人数を上げることで、採用単価の削減が可能です。

採用単価と採用コストの違い

採用単価が1人雇用するための費用に対し、採用コストは採用活動に行うための総額を指します。

採用コストは2種類あり、1つ目は求人広告費や人材紹介手数料のような外部サービスにかける費用である外部コスト、2つ目は採用担当者の人件費や内定者の研修にかける費用である内部コストです。

採用コストの計算方法

採用コストの計算方法は、「外部コスト+内部コスト」です。

外部コストは求人広告費や採用ホームページの制作費など外注することが多いため、費用を算出しやすいでしょう。

内部コストは採用担当者の人件費が含まれることから採用業務だけにしぼった明細がないことがあるため、費用を算出するのが外部コストに比べると難しくなります。

看護師の平均採用単価は比較的高い

看護師 採用単価の画像

看護師の平均単価を確認する前に、業界別の平均採用コストを確認しましょう。

看護師の平均単価は、他の業界に比べて比較的高いことがわかります。

雇用形態別の平均採用コスト

雇用形態別の平均採用コストは、以下です。

・新卒採用:72.6万円
・中途採用:84.8万円

参考:株式会社リクルート「就職白書」(2019) 19ページ

採用コストで1番高いのは中途採用ですが、中途採用は即戦力になる人材が求められることが多く経験者や実績がある人が対象となりがちという特徴があります。

即戦力になる人材は見つかりづらいため採用が長期化しやすく採用コストが上がってしまうのです。

中途採用の業界別平均採用コスト

中途採用の業界別平均採用コストは、以下のようになります。

2018年の中途採用費用の人材紹介と求人広告費の採用経費の合計から割った値が平均採用コストです。

・金融、保険:444.3万円
・運輸、物流:261.7万円
・建築、不動産:299.85万円
・医療、福祉:208.9万円

参考:株式会社マイナビ「中途採用状況調査」(2018)18ページ

医療や福祉の採用コストが高い原因は、資格の取得や経験によって採用の制限がかかることで採用が決まりにくいため、採用コストが他の業界より高くなるのです。

なぜ看護師の採用単価は高いのか

看護師の平均採用単価は、以下のようになります。

・正社員:60万円
・アルバイト:30万円

参考:株式会社リクルート「就職白書」(2020) 

看護師を採用する際は看護師を紹介するための会社を経由して採用を行いますが、求職者の年収の20%〜30%の紹介手数料がかかるため、例えば年収600万円であれば120万円〜180万円を支払います。

看護師の採用単価が高いのは、人材紹介会社を経由して採用する際の紹介手数料が高額なのが原因でしょう。

看護師を採用する6つの方法

看護師 採用単価の画像

ここからは、看護師を採用するおもな6つの方法を紹介します。

・求人媒体に掲載する
・人材紹介会社を利用する
・求人検索エンジンに掲載する
・ハローワークを利用する
・自社採用サイトを作成して募集する
・知り合いを紹介してもらう

それぞれの特徴を、確認しましょう。

 

求人媒体に掲載する

掲載費を払って求人広告を求人媒体に掲載してもらう方法のうち、求人媒体は総合求人媒体と専門求人媒体の2つがあります。

それぞれ紹介しましょう。

総合求人媒体

総合求人媒体はさまざまな業種や職種を掲載している求人サイトで、具体的には「リクナビ」や「マイナビ」があります。

総合求人媒体の特徴は、求人媒体に登録している企業と求職者が多いことです。

総合求人媒体の多くは採用活動実施企業をサポートする採用担当者用のコンテンツもあるため、採用活動を見直すためのヒントを得られるでしょう。

専門求人媒体

専門求人媒体は業界に特化した求人媒体で、看護師に人気の「看護roo!」や「スーパーナース」などがあります。

専門求人媒体の特徴は業界に特化しているため、看護師業界であれば看護師の求人情報のみ掲載されているのです。

求職者も業界経験者が多いため、採用がスムーズに進められるでしょう。

人材紹介会社を利用する

人材紹介会社は、紹介された人材が入社した際に年収の20%〜30%を支払う成功報酬型が多い特徴があります。

人材紹介会社を利用すると採用単価は高くなるものの、入社するまで費用が発生しません。

費用に関するメリットのほか、人材紹介会社を利用することで、採用担当者が採用活動をおこなうための労力と時間を削減できる人的コスト軽減のメリットもあります。

求人検索エンジンに掲載する

求人検索エンジンは求人情報のみを扱う検索エンジンで「Indeed」や「スタンバイ」、「求人ボックス」などがあります。

求人検索エンジンには有料掲載と無料掲載があり、有料掲載では求人広告がクリックされたときに費用が発生するクリック課金制であるため、必要に応じて有料掲載と無料掲載を選んで採用活動を行うことが可能です。

無料で掲載可能ですが、有料にすることで表示される順位が上がり求職者の目に留まりやすくなります。

ハローワークを利用する

ハローワークは公的な求人サポート機関で無料で求人を掲載することが可能なため、金銭面の負担を軽減することが可能です。

一方でハローワークでは、求人を出す会社や応募人数が非常に多く採用につなげることが困難なうえ、看護師は採用難易度が高いことから採用が決まりにくいでしょう。

自社採用サイトを作成して募集する

自社サイトは採用情報に特化したサイトであるため、採用に関わる情報や会社の雰囲気を写真や動画で伝えることができます。

自社サイトを作成することで自社の魅力を伝えることができるうえ、1日の仕事のスケジュールを掲載すれば求職者が自社で仕事をしているイメージを持ちやすくなるでしょう。

※自社サイトについてくわしくはこちら
【採用力強化に不可欠!自社採用サイトのメリット・デメリットと必要性】

知り合いを紹介してもらう

知り合いを介して看護師を紹介してもらう方法は、費用がかからず紹介者から情報を聞くことができるため、最も良い採用方法といえます。

ハローワークからの紹介も費用はかかりませんが、知り合いや人脈からの紹介では、求職者の正確な情報や経験や人柄を聞くことができるため、信頼できる採用方法です。

しかし看護師の採用は条件が厳しく、紹介で採用するのは稀なケースといえます。

※看護師の採用募集についてくわしくはこちら
【看護師を確実に確保するための採用方法3つと人気の求人サイト5選】

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

採用コストを抑えて看護師を採用する3つの方法

護師 採用単価の画像

看護師の採用単価は高いですが、採用コストを抑えて看護師を採用する方法は、以下の3つです。

・自社の魅力や他社との違いをアピールする
・入社後のミスマッチを防ぐ
・求人募集媒体を見直す

それぞれくわしく紹介します。

自社の魅力や他社との違いをアピールする

会社説明会や採用イベントを開き、求職者に自社の魅力をアピールする機会を設けるといいでしょう。

会社説明会は求職者と接点を持つ場であり、自社の魅力を直接アピールできるイベントです。

採用イベントの座談会で求職者から会社に対する質問に応えたり、求職者が抱えている不安や疑問を解消したりすることで、採用につながりやすくなります。

自社サイトを作成すれば、採用条件だけでなく、写真や動画を使って会社の雰囲気や魅力をアピールすることが可能です。

また代表のメッセージや会社の理念を掲載することで、他社とは違う自社の魅力を伝えられます。

入社後のミスマッチを防ぐ

入社後に採用のミスマッチが起こると再び採用活動を行う必要があり、追加で採用コストがかかってしまうため、入社後のミスマッチは可能な限り防がなくてはいけません。

採用のミスマッチは事前情報から得た自分のイメージと入社後の現実のギャップにより起こるため、採用のミスマッチを防ぐことで採用人数をキープでき、結果的に採用単価が下がることにつながるのです。

不安や疑問が解消でき、かつ入社後のイメージができることがミスマッチ防止につながります。

ミスマッチの防止策として、写真や動画、社員インタビューを自社採用サイトに掲載したり、体験型入社のインターンシップを導入したりする企業が増えているのです。

求人募集媒体を見直す

求人募集媒体を利用していて求人の効果が発揮できていないのであれば、現在利用している求人募集媒体を見直す必要があります。

見直すポイントは「求人募集媒体の強みや特徴が自社と合っているかどうか」です。

利用している求人募集媒体が地方の採用が強いのに対し、自社が首都圏にあると効果が発揮できません。

また求人募集媒体の登録者のターゲットが自社が求める人材イメージと合っていないと、採用が決まりにくくなります。

自社サイトのコンテンツを充実させ、自社サイトからの応募が増えれば、契約している求人募集媒体を減らすことができるため、求人募集媒体に使う費用が減り、採用単価を下げることが可能です。

まとめ

護師 採用単価の画像

看護師の平均採用単価は他の業界よりも高いため、さまざまな方法を使って採用単価を下げる必要があります。

看護師の採用活動に人材紹介会社を利用したり、求人募集媒体を活用したりすることもありますが、知り合いに紹介してもらったりハローワークを活用したり費用をかけずに採用を行うことも可能です。

また自社サイトを作成することで、自社の魅力をアピールしつつ採用コストを下げた採用活動ができます。

この記事を読んで、採用コストを抑えながら採用活動を行いましょう。

トルーなら採用コストを抑えながら、看護師の採用を行うことが可能です。

月額1.5万円から利用することができ、手厚いサポートも備わっているので初心者でも簡単に扱うことができます。

効率的な採用活動を行いたいなら、ぜひトルーをご検討ください。

↓トルーの資料請求・お問い合わせはこちら↓

月々1.5万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1.5万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・Indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1.5万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2022年10月現在の情報を元に作成しております。

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

コラム一覧
SNSでシェア