リクルーティングコラム

ドライバー採用単価は高い?平均相場と費用を抑える5つのポイント

<img src="ドライバー 採用単価の画像

「ドライバーを新たに採用したいが、求人掲載は何を使えば一番自社の魅力が伝わるのかわからない」、「採用単価はできるだけ抑えたい」と悩んでいる採用担当者の方もいるでしょう。

求人を出すからにはより多くの求職者に見て欲しい、面接にも来て欲しいと考える一方で採用コストは抑えなくてはいけません。

この記事では、低コストでドライバーの魅力的な求人を出し、採用単価を抑える方法を紹介します。

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

ドライバーの採用単価の相場と内訳

ドライバー 採用単価の画像

採用単価とは、人材雇用1人当たりにかかる平均単価です。

運送業界は、深刻な人材不足が続いていることから、人材確保のために、ドライバーの採用単価が上がり続けています。

ドライバー採用単価と相場にはどのようなものがあるか、みていきましょう。

ドライバーの採用単価の相場

ドライバーを1人採用するのにかかる費用は、約30万円かかるといわれています。

企業のホームページやドライバーの紹介で無料で採用できたドライバー、求人広告、人材サービスを利用した方法で採用した、獲得した人材の平均金額です。

ドライバー人材サービスは認知度が低く、固定金額で50万円から100万円に設定されていることもあります。

ドライバーを採用できる主な求人方法をみていきましょう。

・ハローワーク
ハローワークに求人を出すにあたっての費用は必要ありませんが、採用活動に関わる人件費と労力はかかります。

求人を出すにあたっては、入力項目が決まっているため、求人広告や人材サービスより求人広告の自由度が低いのが特徴です。
・求人広告
広告を掲載する期間により、数週間から数ヶ月に渡って掲載料を支払う仕組みです。

求人サイトを見て応募する求職者がほとんどであるため、インターネット検索で検索結果上位に表示されるためには、追加でオプションを支払わなければいけないことがあります。
・人材サービス
どのようなドライバーを求めているのかを伝え、自社が求める人材を紹介してもらうシステムです。

採用が決まると、ドライバーの推定年収の30%前後の報酬を支払います。

ドライバーの採用単価の内訳

採用する費用

採用費用は、ドライバーを採用するのにかかった費用のことです。

採用費用には採用担当者の人件費や採用が決まるまでの運用費、人材サービスを利用した時の紹介手数料も含まれ、また求人媒体によっても費用が変わります。

教育費用

新しくドライバーとして採用した場合は、仕事を覚えてもらうための教育費や教育担当者の人件費が発生します。

業界経験のない新人を採用した場合、新人が独りで仕事できるまでの間は教育期間となり、そのぶん教育費用がかかるでしょう。

独りで仕事ができる人材になるための教育体制が整っていないと、せっかく入社しても仕事に自信をなくしてしまうかもしれません。

コストをかけすぎない意識も大切ですが、職場になじめるように新たに入社した人材のサポート体制を整えるのも大切です。

定着費用

採用した人材が会社になじめず早期退職してしまった場合、また新たに人材を募集するところから始めないといけないため、時間と手間が無駄になるだけでなく新規採用にかかる採用費用が新たに発生してしまいます。

ドライバーの採用単価は、採用にかかった費用だけでなく、ドライバーが自社に定着するまでに早期退職などで余分に掛かった費用も踏まえて算出しましょう。

トータルでかかる費用をどのくらい抑えられるのかが課題といえます。

ドライバーの採用単価が高くなる理由

ドライバー 採用単価の画像

他業種に比べて、ドライバーの採用単価はなぜ高く、かつ採用が難しいのでしょうか。

その背景にはドライバーという職業が「厳しい仕事」というイメージを持たれていることや労働環境の負荷の高さ、増え続ける貨物量といった物流状況が関係しています。

ここでは、ドライバーの採用単価が高くなる理由についてみていきましょう。

ドライバーの有効求人倍率が高い

社会全体に新型コロナウィルス感染症の影響が及ぶ前の2020年1月頃の有効求人倍率は3.14倍でした。

その後は新型コロナウィルス感染症の影響で有効求人倍率が若干低下したものの、2021年の夏頃から少しずつ上昇し、2022年6月から2.18倍まで回復しています。

ドライバーの有効求人倍率は、感染症の社会的な影響を受けても数値が高いことから、他の職種に比べると採用が難しく採用単価が高くなりやすいといえるでしょう。

ドライバーの労働条件が厳しい

業種に比べるとドライバーは低賃金(他業種平均年間所得487万円、ドライバー平均年間所得大型の場合、454万円、中型の場合、419万円)や長時間労働(他産業平均労働時間2,100時間、ドライバー平均労働時間大型の場合、2,532時間、中型の場合、2,484時間)のため、仕事選びとしては敬遠されがちです。

ドライバーという仕事に対して、就業者と離職者はやや感じ方に差がありました。

体力的にきついと感じている就業者が27.0%に対し離職者44.5%、精神的にきついと感じている就業者が12.0%、離職者17.5%、給与水準が低いと感じている就業者14.5%、離職者18.5%と、いずれの項目においても離職者のほうがドライバーという仕事に対して「厳しい」と感じている結果となっています。

ドライバーには「低賃金」「長時間労働」といった労働条件が厳しいイメージがあることから、採用が難しく採用単価が高くなりがちです。

求人広告においてはドライバー=厳しい労働環境というイメージを払拭できる内容にすることが、採用単価を下げるために必要となるでしょう。

ドライバーの高齢化と女性比率の低下

ドライバーの平均年齢は40〜50歳他業種の平均年齢は43.2歳と、ドライバーは年齢が高い傾向にあります。

女性の割合は、他業種が44.5%に対して、ドライバーとして従事している女性の割合は2.3%、また29歳以下の従事者は10%以下でした。

全産業に比べると、ドライバー業界は若年層と女性の就業率が低く、ミドルシニアと呼ばれる40代以降の年齢の人たちの就業率が高いことが分かります。

人材不足で悩む運送業界は実務経験者を採用したいのが本音ですが、実務経験者は高待遇で募集していることが多く、採用するには採用単価が高くなってしまうでしょう。

そのため、若年層や女性を採用して育てていくのが現実的ですが、必要な資格を取得していなかったり、求める経験を持っていなかったりと、教育や研修が必要となり教育コストがかかる可能性もあります。

平成4年では、約12億個だった配送貨物数が、約28年で約48億個までに増加したデータがあるように、EC(電子商取引、ネット通販)が急激に増加し宅配便の重要性が増したことが、人手不足に拍車をかけた要因のひとつです。

今後もますますECは増えていくと見込まれているため、ドライバー業界の人材不足は続く可能性が高く、採用にかかるコストも上昇するでしょう。

ドライバーの採用単価を抑える5つのポイント

ドライバー 採用単価の画像

トラック業界は、人材不足で困っている運送会社が少ないことから求職者に有利とされている売り手市場です。

人材不足が続くなかで採用単価を抑え、求人を集める方法はあるのでしょうか。

ここからは、ドライバーの採用単価を抑える5つのポイントを紹介します。

自社の魅力を整理・アピールする

現在働いている従業員に「会社や仕事のどのような所に魅力を感じているのか」、「何が魅力なのか」を聞き取りをするなどして、求人を作成する前に、自社の魅力とアピールポイントは何かを考えましょう。

自社の魅力を応募者にアピールすることで、「自分がイメージしていたのと違った」「ハッキリ書いてあれば、応募しなかったのに」といったミスマッチ防止に役立ちます。

ミスマッチ防止によって、面接辞退や採用辞退を防止することにつながり、結果としてドライバー採用単価を抑えることができるのです。

労働条件や待遇をはっきりと求人票に書く

仕事をする上で、労働条件や待遇は重要であり、応募者も気にするところです。

応募者と採用側の両者でミスマッチがあり、入社後すぐに退職してしまうのを防ぐことが、結果として採用単価を抑えることにつながります。

「未経験者歓迎・経験者優遇」では、労働条件や待遇がわかりにくく、応募をすることをためらう求職者が増えてしまうため、「荷物の積み下ろしは機械を使うので、女性や未経験者の方でも体力を使わずにできます」「1日に運行する距離は、片道1.5Km。自宅には17時頃には帰れます」とはっきり書かれていれば、応募しやすくなるだけでなく、入社後に「イメージしていた仕事と違った」という理由での早期離職を防ぐことが可能です。

給与面の不満は、ドライバーが離職する理由のひとつとなっているため、「実際にどのぐらい稼げるのか」の具体例を求人票に記載し、固定給だけでなく、歩合や手当などを合わせた給与を記載するといいでしょう。

現在の職業と比較しやすいように、年収例を記載するとよりわかりやすくなります。

【よくない例】
月給20万円以上
年収280万円以上(1年目)
【よい例】
月給20万円+歩合+各種手当て
正社員の場合、歩合5〜10万円まで
別途、住宅手当(月1万円まで)、皆勤手当(月1万円まで)

休日についても、「月に1回休み」と書くのではなく、例えばシフト制(月6日〜8日休み)や繁忙期(9月、12月)のみ月6日休み、とわかりやすく記述します。

労働条件についても、1日でどのくらいの距離を走るのか、荷物は手下ろしなのか機械下ろしなのか、残業の月平均時間などの詳細な仕事内容を可能な範囲で書きましょう。

経験者だけでなく、女性や未経験者が歓迎されることが求職者に伝えられれば、応募のハードルを下げることができます。

ほかには教育体制が整っている、家庭と両立しやすい、先輩のフォローがあるといった記載があれば、さらに応募がしやすくなるでしょう。

適した求人媒体を選ぶ

年に一度の募集や数年に一度の募集なら、ある程度求人にお金をかけることができるかもしれません。

しかし慢性的な人材不足や離職者が多いために採用を常時行っている場合は、採用単価を抑えるために無料で掲載できるサイトを利用する、自社のサイトで募集するなど、適した求人媒体を選ぶのが採用単価を抑えるポイントです。

たとえば、ドライバー採用に特化したサイトを選ぶ事で「ドライバー」を次の仕事を決めている求職者だけに求人を見てもらうことができるため、閲覧者あたりの応募者の割合が増えることが期待できます。

ドライバーを採用するにあたって、応募条件や必要な資格、どのエリアを担当するのかといった詳細を求職者に適切に伝えなければなりません。

ドライバー採用に特化したサイトには、経験が長く、スキルや資格を持った方が登録をしているため、経験者の採用を重視するならドライバー採用特化型求人サイトを使うとよいでしょう。

またTwitterやFacebookなどのSNSを活用すれば、無料で求人募集することが可能です。

無料求人サイトを活用する

採用にかけられる予算が限られており、採用コストを極力抑えたい場合は、無料求人サイトを使用すると、求人掲載料が無料で済みます。

厚生労働省の機関であるハローワークは、企業の求人情報を取りまとめて求職者に紹介しており、行政機関のため、利用料金はかかりません。

Indeedやカカクコムが運営する求人ボックス、株式会社スタンバイが運営するスタンバイ、Googleが運営するGoogleしごと検索といった求人検索エンジンを利用すれば、無料で求人掲載できます。

自社採用サイトを作成・活用をする

自社の採用サイトであれば、求人情報を自分たちで作成する手間はかかりますが、求人広告料や人材紹介会社への成功報酬がかからないメリットがあります。

求人サイトには文字数や写真の掲載枚数に制限がありますが、自社採用サイトであれば掲載する情報量やコンテンツに制限はありません。

文字数や写真の掲載数が無制限なうえに、動画の掲載もできるため、実際に働く従業員の様子を求職者に見せることができます。

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

採用単価を抑えて効率良くドライバー採用ができる求人サイト

ドライバー 採用単価の画像

採用単価の相場や求人単価を抑えるポイントを紹介しましたが、実際ドライバーの求人を載せる求人サイトにはどのような種類があるのでしょうか。

無料の求人サイト、有料の求人サイトの代表的なものを挙げ、それぞれの特徴を紹介します。

ドライバー採用ができる無料求人サイト

Indeed(インディード)

ドライバー 採用単価の画像

Indeedは、世界60ヶ国で使用されている求人情報専門検索エンジンです。

国内の主要求人サイトの月間使用者数が500万人〜800万人であることと比較すると、Indeedの利用者数は月間使用者数は約3,460万人と多いことがわかります。

Indeedでは仕事内容・雇用内容で調べるキーワードと都道府県と近隣地区で調べる勤務地の2つから求人の検索が可能です。

求人ボックス

ドライバー 採用単価の画像

利用している企業数約29,000社と求人ボックスは、月間使用者数500万人、新着求人だけでも30万件と日本最大級の検索エンジンといえます。

日本国内の求人に特化しており、都市部だけではなく、地方も含めた全国の求人内容に対応しているのが特徴で、都道府県名、駅名、路線名でも求人の検索が可能です。

無料で求人を掲載できるだけでなく、求人の内容によっては、最短で当日に掲載できます。

Googleしごと検索(Google for Jobs)

ドライバー 採用単価の画像

検索エンジン最大級のGoogleが提供するサービスであるため、予算がかけられない企業は試してみる価値はあるでしょう。

Web上にあるさまざまな求人情報が集められているため、求職者にはGoogleだけで求人を検索できるメリットがあります。

職種、勤務地、投稿日、雇用形態、企業の5つのフィルターを指定して、求人の検索が可能です。

スタンバイ

ドライバー 採用単価の画像

常時900万件以上の求人を掲載している、国内最大級の求人検索サイトです。

スタンバイのホームページで勤務地と職業条件を入力して検索すると、インターネットで公開されている求人の中から、条件に合致する求人情報を閲覧できます。

Yahoo! の求人検索エンジン「Yahoo! しごと検索」に連動しているためYahoo! ユーザーの40〜50歳のミドル世代に強い宣伝効果が期待できるでしょう。

ハローワークインターネットサービス

ドライバー 採用単価の画像

国が運営しているハローワークのインターネット版です。

若年層からシニア層まで幅広い世代が利用しており、地元採用に強い特徴があります。

掲載料や成功報酬がかからないため、採用コストを抑えたい企業には大きなメリットでしょう。

ドライバー専門の求人サイト

ドラEVER

ドライバー 採用単価の画像

ドライバー専用求人サイトであるドラEVERは、全国の職業ドライバーの約9割が登録しているといわれており、月間利用者数約15万人が利用しています。

採用動画を無料で制作ができるため、低コストでドライバーに自社の情報を伝えることが可能です。

ブルル

ドライバー 採用単価の画像

ブルルのスマートフォン専用サイトの登録者は、月間約7万人というデータがあります。

集荷や荷下ろし待ち時間に、スマートフォンで時間を潰すドライバーが多いため、気楽に見られるコンテンツが充実しているのが特徴です。

ドラピタ

ドライバー 採用単価の画像

掲載企業は1,000社以上のドライバー専用求人サイトです。

登録している求職者のうち、働き盛りの25〜44歳の割合が63%、実務経験者が78%であるため、即戦力になる人材を採用できるでしょう。

ドライバーズワーク

ドライバー 採用単価の画像

タクシー業界に特化した求人サイトで、求人情報のほか、タクシー業界にまつわるコラムや転職ノウハウが数多く掲載されています。

経験者も未経験者も安心して業務に入れるように、研修制度が充実している企業や営業所が多数あるのが特徴です。

ドッド

  ドライバー 採用単価の画像

ドライバーとして働きたい人からの問い合わせが多いサイトであるため、モチベーションの高い人材の採用ができます。

掲載する企業の詳細を細かく紹介できるため、応募者はギャップを感じにくく、同サイトを経由した応募者の離職率が低いのも特徴です。

まとめ

ドライバー 採用単価の画像

ドライバー採用は、有効求人倍率が高い、労働条件が厳しいイメージがある、ドライバーの高齢化と女性比率の低下といった理由から採用単価が高騰しやすいと言えます。

早期退職を抑えて定着率をあげたり、効率的に採用できる採用方法を実践することで、採用単価を抑えつつドライバー採用を成功させることができるでしょう。

この記事を参考に自社に合う採用方法を選び、採用単価を抑えるポイントを実行することで、ドライバーの採用を成功させてくださいね。

ドライバー採用の費用対効果を上げたいなら、トルーがおすすめです。

トルーは月額1.5万円~始められるうえ、ツールの提供だけではなく、初期戦略設計サポートや運用サポートもおこなっています。

また、Indeedや求人ボックス、スタンバイなど5つの求人検索サイトとのシステム連携で、幅広く御社の求人を行うことも可能です。

トルーのお問い合わせや資料請求はこちらから

月々1.5万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1.5万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・Indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1.5万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2022年10月現在の情報を元に作成しております。

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

コラム一覧
SNSでシェア