リクルーティングコラム

【必見】保育士の平均採用単価からコストを抑える5つのポイントまで

保育士 採用単価の画像

共働き家庭が増えたことにより、保育園が足りていない状況は社会的な問題となっています。

一方で、保育士不足に悩む園の採用担当者も年々増えているようです。

厚生労働省の「保育士の有効求人倍率の推移(全国)」によると、2022年4月の保育士の有効求人倍率は1.98倍となっています。

全職種平均の有効求人倍率に比べると、保育士の採用は難しい状況であるといえるでしょう。

この記事では、コストを抑えながらよりよい保育士の人材に出会うための5つの採用方法を紹介します。

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

保育業界の現状と採用単価の傾向

保育士 採用単価の画像

保育業界で人材採用する際に知っておきたいのが、保育業界の現状や保育士の採用状況・保育士の採用単価の傾向です。

以下にまとめていますので、よく読み自園の採用活動に役立てましょう。

保育業界の現状や保育士の採用状況

保育業界は、共働き家庭が増え子供を預けるニーズが高まっていることから成長産業といわれています。

しかし厚生労働省が定めた保育所の職員配置基準もあり、人手不足で保育園が増えづらいのが現状です。

そのような深刻な人手不足の保育業界においては、「仕事を探している求職者」に対し「企業が求める人材数」の割合を示す有効求人倍率が1.98倍と高い水準を示しており、1人の保育士の求職者に対して2件の保育士の求人がある状況です。

他の職種と比べても保育業界の有効求人倍率水準は高く、あらゆる園がより良い人材を求めて工夫と努力を重ねているといえるでしょう。

また、近年の待機児童問題により内閣府が管理している「認定こども園」は増えているため、求職者の獲得はより一層難しくなることが懸念されます。

保育士の採用単価の傾向

保育資格を持っている人の数は年々増加傾向にあるものの、資格を生かして保育に従事している人の数は約4割程度といわれています。

保育士資格を取得したものの一般企業に就職する学生や、就職してから5年以内に離職する「潜在保育士」も少なくありません。

幼い子どもの命を預かる責任ある仕事でありながら、長時間労働かつ肉体労働なのに待遇が期待できない現状が、人手不足に拍車をかけているようです。

資格保有者はいるのに、保育士として働きたい人が少ない状況を踏まえて、国は待機児童を減らす政策の一環として、保育士の待遇改善に取り組んでいます(厚生労働省のホームページより)。

賃上げやブランクのある保育資格保有者の職場復帰をサポートする保育実技研修を行うなど、保育業界の人材不足をを解消する動きは官民問わず行われているのです。

東京や大阪などの都市部では待機児童が多く、保育士の有効求人倍率も地方より高くなっています。

求人方法は人材紹介・求人媒体掲載などさまざまにありますが、基本的には保育士の採用単価は高騰しているといえるでしょう。

【採用手法別】保育士の平均採用単価

保育士 採用単価の画像

採用単価が上がっているからこそ、さまざまな採用手法を知った上で適切な採用方法を選ぶことが大切です。

採用方法によって費用はもちろん、採用にかかる工数も変わってきます。

自園の希望に合う採用手法を選ぶために、ここからは採用方法別の平均単価をみていきましょう。

【人材紹介】での保育士の平均採用単価

園の希望にあった求職者を人材紹介会社に紹介してもらう「人材紹介」は、人材紹介会社から紹介してもらった人の採用が成功したら会社に報酬を支払う成果報酬型です。

「成果報酬型」の採用手法では、採用にまつわる初期費用がかからずに済むメリットがあります。

こちらの記事によると、保育士の年収は公立で約340万円・私立で約310万円が相場となっており、人材紹介会社に支払う成果報酬は年収相場の20%〜40%である60万円〜140万円ほどが目安でしょう。

人材紹介会社を通すことで質の良い人との出会いやすくなるメリットがあります。

日々の業務のなかで、園としての希望に合うかどうか分からない多くの人と面接をするよりも、園に合いそうな精査された人と面接を行う方が時間的なコストも抑えることが可能です。

面接日の調整なども人材紹介会社が行ってくれるため、採用担当者の負担が軽減されるメリットも得られます。

【求人媒体】での保育士の平均採用単価

求人媒体は、インターネットや求人情報誌に求人広告を出し、求職者からの応募を待つ手法です。

求人媒体への掲載には基本的に費用がかかり、費用の仕組みは「成果報酬型」と「掲載報酬型(掲載課金型)」の2パターンがあります。

「成果報酬型」は採用が成功した際にはじめて求人媒体に報酬を支払う仕組みで、求人媒体への掲載は無料であることが一般的です。

報酬額は掲載媒体によって異なりますが、人材紹介会社を通すよりは価格が抑えられるでしょう。

「掲載報酬型」は求人媒体に求人広告を出すこと自体にお金がかかり、掲載期間やサイト内での掲載位置・掲載頻度などによって料金が変わります。

掲載費用は1万円〜40万円と媒体によって掲載料金に幅がありますが、多くの求職者にアプローチできるのが特徴です。

求人情報誌や新聞と共に求人情報を織り込む手法なども掲載報酬型を取っており、新聞折込求人は特定の地域にアプローチしやすいことがメリットでしょう。

求人広告を出す求人媒体によってもサービス内容が異なり、求人にまつわる希望のみ提出し、媒体に掲載する際の原稿を書いてくれる媒体もあれば、自社で求人原稿作成が必要な媒体もあります。

掲載報酬型は成果報酬型に比べて価格を抑えられますが、応募が1件もなくても費用がかかるリスクがあることは認識しておきましょう。

【就職/転職フェア】での保育士の平均採用単価

就職/転職フェアとは、あらゆる企業が集まり求職者に向けて企業の説明を行うイベントです。

近年は「保育士フェア」などのように業種別のフェアを開催しています。

求職者が集まるなかに園の採用担当者が出向いて説明や面談を行うため、求職者に会って話ができる機会が最も多い方法といえるでしょう。

求職者に会う機会が多い一方で出展の事前準備や当日の対応などに少なくない工数がかかるため、大規模な採用をかけたいときにおすすめの方法です。

イベント会場内でのブースの位置によって費用は異なりますが、出展料は20万円〜100万円ほどを見積もっておきましょう。

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

保育士の採用単価をおさえるためのポイント5選

保育士 採用単価の画像

待機児童が社会問題になっている反面、保育士離れという厳しい状況のなかではありますが、採用コストは低く抑えたいものです。

よりよい求職者と出会えることと、採用担当者の負担が大きくないこと、そして費用も抑えられることの3点が揃うことが、保育士の採用単価を抑えるポイントといえます。

人材派遣会社や求人媒体が多数あるなかで、どのような方法が一番合理的に採用を成功させることができるかを詳しくみていきましょう。

保育士専用の求人サイトを利用する

保育士専用の求人サイトに掲載することで、保育士への就職や転職を目指す人のみの目に触れる求人広告となり、効率の良い採用活動が期待できます。

保育士専用の求人サイトには、園の雰囲気だけではなく、教育方針・人間関係・担任制などについても記載できるため、就職後のミスマッチを防ぐことも可能です。

保育士の離職理由には「人間関係」が最も多い理由となっており、離職を予防するために園の雰囲気や園長の思いなどを具体的に表現できるのも専用サイトのメリットといえます。

保育士専用の求人サイトを利用すれば、保育士ならではの気になるポイントを詳細に伝えられるため、希望の人材と手軽に出会いやすいことがメリットです。

保育士・保育所専用センターに求人を掲載する

保育士・保育所専用センターとは、保育資格を持ちながらも、現在保育士の仕事についていない方の再就職をサポートする施設です。

待機児童を減らす政策の一環として、地方自治体に設置されています。

保育士・保育所専用センターは無料で保育士に特化した求人活動を行い、ブランクのある求職者は研修を通して再就職を支援してくれるため、採用活動をする園にとっては大きなメリットです。

センターの詳しい内容は各自治体によって異なるため、園のある自治体のホームページから問い合わせましょう。

紹介・再雇用制度を導入する

保育士になるために学校で学び、資格取得をしている人が多いため、横のつながりが強い業界といえます。

そのため現在のスタッフに保育の専門学校や大学時代の知り合いを紹介してもらう「紹介制度」をつくることで、採用にかかる費用を格段に抑えることができます。

また過去に就職していた保育士を再雇用するのも良いでしょう。

女性が活躍する職場であるため、結婚や出産を機に仕事を辞めた人もいるかもしれません。

一度保育士として就職をした後に離職した人を園と本人の希望条件をすり合わせつつ雇用すれば、採用コストはもちろん教育工数も減らすことができます。

自社採用サイトを作成・運用する

「自社採用サイト」とは、園の公式ホームページではなく、保育士の採用に特化したサイトのことです。

保育士を目指す求職者は、保育士として気になるポイント(担任制や定員制・教育方針や人間関係など)があるため、求職者が知りたい情報を具体的に、かつ自由に表現できる自社採用サイトは採用に有効といえます。

※詳しくはこちら→【採用サイトの必要性|作成すべき5つの理由と得られる5つのメリット】

保育士専門学校と連携する

新卒の保育士採用なら、保育士専門学校や大学との連携する方法があります。

専門学校・大学側も学生の就職率を上げるために、学校内に求人広告を無料で掲載してくれることがあるため、チェックしましょう。

専門学校・大学には「就職課」のように就活関連を扱う部署があるため、その部署の担当者と連絡を取り合い学生を紹介してもらいやすい関係を築いておくと、定期的な新卒採用のコストがかなり抑えられます。

まとめ

保育士 採用単価の画像

人材不足である保育業界では、保育士の採用単価は高くなりがちです。

しかし、効率的に採用できる方法や採用単価を抑える方法を実践することで、採用にかかる費用を抑えつつ保育士採用を成功させることができるでしょう。

この記事を参考に、ぜひ自園に合う採用方法でより良い人材と巡り合ってください。

採用コストをおさえるには、専用の採用サイトを制作することが効果的だといえます。

「トルー」なら、月々1.5万円〜簡単に魅力的なオリジナルの採用サイトを作ることが可能です。

ぜひ有効に活用して、効率的に採用活動を進めてくださいね。

月々1.5万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1.5万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・Indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1.5万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2022年10月現在の情報を元に作成しております。

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

資料ダウンロードはこちら
トルートップページはこちら

コラム一覧
SNSでシェア