indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

Indeedのアクセスを増やす、クリック率(CTR)を上げる方法とは

カテゴリ:indeed 



広告を出し、求人内容を魅力的にしているはずなのに、まったく自社の求人ぺージにアクセスが集まらずに応募が来ない。
そんなときは、クリック率(CTR)を見てみましょう。
CTRが低い場合は、正しいキーワードで出稿ができていない可能性があります。つまり応募が少ないのは、適切なキーワードで広告の出稿ができていないからなのかもしれないということです。なので適切な施策を行うことでCTRをアップさせることができ、アクセスをしっかりと集めて応募数を増やすことが出来ます。

では、どうすれば適切なキーワードを設定できるのでしょうか?

そこで必要になってくるのが、indeedが提供している解析ツールのアナリティクスです。これを使えば、CTRが高い人気のキーワードを知ることができ、自社の求人ぺージに検索需要のあるキーワードを盛り込むことが出来るようになります。その結果、自社の求人ページへのアクセスを増やすことができるようになります。

このコラムの目次

indeed広告の仕組み



まずCTRを上げる施策について知るまえに、indeed広告の仕組みを理解しておきましょう。

求人検索サイトindeedは無料で使えるということもあり、採用担当者の多くが利用していることと思います。まず理解しておきたいのは、indeedには無料掲載枠と有料掲載枠があるということです。



indeedを無料で使うと、おのずと無料掲載枠に自社の求人ぺージが表示されるようになります。ですが上図の通り、無料掲載枠はindeedの画面の下部に表示されます。そのため求職者の目に留まらず、自社の求人ぺージを見てもらえない可能性があります。やはりindeed画面の上部にあった方が、求職者の目に留まりやすく、自社の求人ぺージを見てもらいやすくなります。その結果、応募数も増加することが期待できます。

そして有料広告の場合は、求人情報の下部に「スポンサー」という表記が出ています。一方、無料掲載枠の場合は、求人ぺージには「スポンサー」という表記はありません。有料広告なのか無料なのかは簡単に区別して見分けることができます。

有料広告を利用すると、求人ぺージを無料枠から有料枠に掲載できるようになります。有料枠はindeedのぺージの上位にありますので、indeedユーザーの目に留まりやすく、クリックしてアクセスしてもらいやすくなります。なので結果として有料広告を使うことで、応募数増加が期待できるというわけです。

indeed広告は、Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチやGoogle AdWordsのようにキーワードごとのクリック数に従って広告料を支払うのではありません。indeedの場合は、作成した求人ぺージごとのクリック数(閲覧数)に従って広告料を支払うことになります。クリックされるごとに広告費用が発生するというクリック課金であることは、リスティング広告もindeed広告も同じです。なので自社の予算に合わせて広告を出せるので、取り組みやすい広告です。

リスティング広告とは異なりますので、キーワード設定などの細かい設定が必要ないのがindeed広告の良いところです。なのでリスティング広告と比べると、比較的に簡単に利用できます。ただし逆に言えば、曜日や時間などの設定ができないので、詳細な設定をして広告を運用したい方にとっては物足りなさを感じてしまうでしょう。

そしてindeed広告の予算は、2タイプから選べます。自動調節設定手動設定です。

自動調節設定は、1日あたり、もしくは1ヶ月あたりの料金を選択します。そして、設定した1日、もしくは1か月の予算が暦月の終わりに自動的に更新されるようになっています。クリック単価の上限は、indeedが1日あたり、もしくは1ヶ月あたりの予算に応じて管理してくれます。

一方、手動設定は、予め広告にかける予算を設定します。そして求人広告の予算がすべて消費された際に広告が自動で削除されます。ですが、予算を追加すると再度有効にすることができます。クリック単価の上限は、自分で設定することが可能です。

予算タイプは、自社に合った方を選択すると良いかと思います。

ここまででindeedの仕組みについて少し理解して頂けたと思いますが、採用を成功へと導くためにはindeed広告の特徴も知っておく必要があります。

indeed広告の特徴

ではindeed広告の特徴についてお伝えします。indeed広告は、運用型広告です。運用型広告というのは、広告運用者が設定を行えば、あとは自動的に閲覧者に応じて提示される広告です。運用型広告の場合は、広告や設定を調整していくことで、より広告の効果を発揮できます。このようにindeed広告のメリットは、自分で広告配信の調整を行うことで、より広告の効果を発揮させることができるところです。

そしてindeed広告で覚えておいて欲しいことがあります。それは、クリック単価を低く入札したからと言って、上位表示が出来ないというわけではないということです。なぜならindeed広告の上位表示に影響を与えるのは、クリック単価だけではないからです。indeed広告の上位表示に影響を与える主な要因は次のようなものがあります。



上図のようにindeed内で上位表示に影響を与える要素は、「検索キーワード」「行動履歴」「求人ぺージ」「クリック単価」です。それぞれどのように上位表示に影響を与えるのかについて知っておく必要があります。

なので、indeed内で上位表示に影響を与える要素である「検索キーワード」「行動履歴」「求人ぺージ」「クリック単価」を1つずつ解説していきます。

1.検索キーワード
検索キーワードとは、indeedのユーザーが検索する言葉のことです。indeedユーザーが検索したキーワードが、自社の求人ぺージにも含まれていれば、自社の求人ぺージが検索に引っかかり閲覧されるようになります。なので、indeedユーザーがどんなキーワードで検索したのか?そして、そのキーワードが自社の求人ぺージにどれくらい含まれているのか?こういった要素がindeed広告の上位表示に影響します。自社の求人ぺージの表示回数を増やすために、検索キーワードを意識して求人ぺージを作成することが大切です。

2.行動履歴
indeedは、indeedユーザーのその求人ぺージに対する行動履歴を計測しています。例えば、クリック数、平均滞在時間、応募数など。こういった行動履歴をもとに、その求人ぺージを良いのか悪いのかを評価し、indeed内での検索結果の順位を決定します。簡単に言えば、indeedユーザーが自社の求人ページに訪れた際に、「そのページの閲覧時間はどれくらいか?」「実際に応募に至った割合はどれくらいか?」などをindeedが測定し、ユーザーの行動履歴によって順位に影響が与えられるということです。行動履歴のことを考えると、求職者の立場に立って、より詳しく分かりやすい求人ぺージを作成することが検索結果の上位表示に繋がります。

3.求人ぺージ
求人ぺージがどれくらい充実しているのかが、indeed広告の順位に影響を与えます。出来る限り、求職者にとって分かりやすく、詳しい情報を掲載してあげることが上位表示に繋がります。大切なことは、求職者が仕事内容をイメージできるかどうかです。何をするんだろうと不安を感じてしまうような書き方ではダメだということです。

4.クリック単価
indeed広告の基本は、クリック単価が高い方が上位表示されやすくなります。つまりクリック単価がどれくらいかが、indeed広告の順位に影響を与えるということです。ただし、必ずしもクリック単価が高い方がいいというわけではありません。クリック単価を上げたことが原因で、結果としてクリック率(CTR)が悪くなることも起こり得ます。なのでクリック単価は順位に影響をしますので、しっかりと調整を行っていく必要があります。

まずindeed広告を運用する際は、以上の4つの要素を意識して運用するようにしましょう。indeed広告の運用は、単純な単価調整だけでなく、様々な要素に意識を向けて総合的に変更していくことが大切です。

そして応募数を最大化し、応募を獲得する単価をいかに最小限に抑えられるクリック単価にできるかが重要になってきます。

そのためには、まずはクリックされていることが必要です。クリックされていなければ応募に繋がりません。なのでクリックされていないのであれば、クリック率を上げるための施策を行う必要があります。

いかにクリックさせるかで効果が左右される!

indeed広告は、いかにクリックさせるかで効果が左右されます。クリックされないことには、応募には至りません。なのでまずは、クリック率を上げることから施策を行うことが必要です。

そこで活用したいのが、indeedが提供している解析ツールのアナリティクスです。アナリティクスは、自社の求人広告に関する計測データを閲覧することができるツールです。このツールを使いながら、自社の求人広告を調整していくことで、クリック率を改善し、アクセス数を増やし、応募数を増やしていきます。そのように改善を行っていくためにアナリティクスは欠かせないツールです。

それほど難しいツールではないので、積極的に活用していきましょう。

アナリティクスを閲覧するための手順は次の通りです。

まずindeedの管理画面に入り、上部にある「アナリティクス」というボタンをクリックします。そうすると次のようなぺージに移動します。


このぺージで自社の求人広告に関するデータを閲覧することができます。

この画面では自社の求人広告のクリック数、応募数、費用、クリック率、応募率、平均CPC、平均CPAなどを知ることができます。

これらのデータを知り、求人広告を改善していくことで、クリック率(CTR)を上げて、アクセス数を増やし、応募数を増やしていきます。

では具体的にクリック率を上げるにはどうすればいいのでしょうか?様々な指標がありますが、この記事ではクリック率にフォーカスして説明したいと思います。

アナリティクスを使ってクリック率を上げる!


自社で求人広告を出したら、まずはクリック率を上げることが必要です。なぜならクリック率が低いと、求人ぺージの表示回数が多くても、自社の求人ぺージをクリックしてもらえないのでアクセスが増えずに応募にも繋がらないからです。

では実際にindeedのアナリティクスをどのように使えばいいのでしょうか?indeedのアナリティクスを使ってクリック率を上げるには、次のようなことを行っていきます。

まずアナリティクスを見れば、どのようなキーワードのクリック率が高いかを知ることができます。なので、それらのキーワードを参考にクリック率が高いキーワードを求人ぺージに盛り込むことで表示回数やクリック率の改善に繋がります。

クリック率が高いキーワードということは、求職者が反応するキーワードであることが推察できます。だからこそ求人ぺージに盛り込むことで、求職者の興味を惹くことができ、表示回数やクリック率が改善されます。

そしてクリック率が改善されているかどうかを、アナリティクスのスポンサークリック率で確認します。


上図のスポンサークリック率を確認しながら、求人ページを改善していきます。

また検索結果として表示されるのは、以下のような内容です。

・職種
・給与
・仕事内容(PCのみ)
・勤務地
・企業名
・掲載日数

なので上記の項目を改善していくことでも、表示回数やクリック率を改善することができます。

そして上記の項目の中でも、クリック率(CTR)に影響を与える項目が、「職種」「給与」「仕事内容」です。

・職種
indeedユーザーが職種で検索したときに、自社の求人ぺージにそのキーワードが含まれていれば上位に出てきやすくなります。なので職種は、自社が来てほしいと思う人材が検索しそうなものにする必要があります。自社用語や略語などは避けた方がいいでしょう。できるだけ一般的なものを使うようにしましょう。

・給与
給与は、求職者にとって興味関心の高い項目です。なのでその地域、業界、職種の給与の相場を調べた上で設定しましょう。調べ方は、indeedで地域、業界、職種を入れて検索してみます。そうすると他社の求人ぺージが出てきますので、それらを見ていると相場が分かってきます。給与は安すぎると求職者にとっては好ましくないので選ばれません。ですが見せかけだけで高い金額を設定してはいけません。面接の段階、入社の段階で、実際の給与とのギャップで不満を感じさせ、結果として良くない方向に進んでしまう可能性が高くなります。

・仕事内容
仕事内容には求職者が検索しそうなキーワードを盛り込みましょう。そうすることで、求職者が検索したキーワードが自社の求人ぺージに含まれていた際は、自社の求人ぺージが上位に表示される可能性が高まります。そして、そのようなキーワードを入れることも大切ですが、仕事内容の書き方も非常に重要です。仕事内容は、求職者にとって詳細に分かりやすく書く事が大切です。仕事内容を見ても、どんな仕事をするのかがイメージできない場合、求職者にとっては不安を感じます。そうすると応募には至りません。なので求職者がどんなことを事前に知りたくて、どんなことに不安を感じるのかを考えながら、仕事内容を書く事が大切です。

まとめ

indeedの求人広告で効果を最大限に発揮させるためには、自社の求人ぺージのチューニングが必要です。特に、CTRは求人広告の効果を上げるために重要な指標なので、しっかり求人アナリティクスを見て調整していきましょう。難しいと感じたら、プロに任せるのが有効な選択肢です。自社で求人広告を行って成果が出せなかったら、意味がありません。仮に採用に至っても、お金を無駄にしてしまう可能性があります。それならばプロに任せることが、お金の上手な使い方になるのではないでしょうか。弊社ではindeed広告の運用代行を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

コラム一覧