indeed対応!かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー

トルー

リクルーティングコラム

Indeedが求人に効果が出る理由と効果が出る求人ページの作り方

カテゴリ:indeed 

indeedはなぜ効果が出るのか
その理由を踏まえた上で求人ページを作ることが、さらなる効果を出すためのポイントになります。indeedがなぜ効果が出るのか、実際にご存知の方はどのくらいいらっしゃるでしょう?

今回は

indeedの仕組み、効果が出る求人の作り方について説明していきます

是非参考にしてみて下さい。

このコラムの目次

求人でindeedが効果的な理由は?

企業からは問い合わせを爆発的に増えている中で、こんな質問がよくあります。

indeedの効果がでる業種はあるの?

その答えは、どんな業種にも効果がでます

では「何故効果が出るのでしょうか?」その答えは、「indeedの検索エンジン」に理由があります。
これから先は、indeedの検索エンジンについて詳細を説明していきます。

indeedで効果が出る仕組み「検索エンジン」が基幹

indeedは、従来のものとはまったく異なる新しいタイプの求人サイトです。従来の求人サイトは、大きく2つに分けられます。1つは求人媒体、そしてもう一つは、人材紹介会社とそこが運営する求人サイト。

しかしindeedは、そのどちらにも属しません。indeedをひと言で言うなら、“求人に特化した検索エンジン”という表現がぴったりではないでしょうか。例えば、誰もが使ているGoogleやYahoo!を思い浮かべてみてください。これらはインターネット上にあるあらゆる情報の中から、欲しい情報だけを取得することができるツールですが、indeedの場合、その対象を求人情報だけに絞っています。

つまり、インターネットにあるあらゆる求人サイトの情報から、ハローワークの求人票、さらに企業が自社のキャリアページに掲載している情報に至るまで、インターネット上に公開されているあらゆる求人を検索し、閲覧することができるサービスなのです。

既存の求人媒体などとの大きな違いは、indeedは検索エンジンなので、Web上の様々な求人(企業採用サイト、求人媒体、人材紹介・派遣求人)を集めて、求職者の検索するキーワードに最適な企業を表示させています。従来の求人媒体の場合、各媒体の営業担当者が営業を行い、獲得した求人情報だけを掲載している、いわゆる限定された情報ですが、

indeedの場合、インターネット上のあらゆる求人情報を集約して、ユーザーに届けることができるというわけです。indeedではクローラーと呼ばれるインターネット上を巡回するロボット型検索エンジンが自動的に求人情報を収集します。そこが大きな違いと言えます。企業と求職者のベストマッチを生み出している「仕組み」に様々な業種でも効果がでるポイントがあるのです。

ポイント1.フリーワード×勤務地の検索フォーム
indeedの検索フォームは「フリーワード×勤務地
求職者が「営業 東京」と検索すれば、その検索キーワードにあった求人を求職者の見やすい位置に表示させます。フリーワードは「職業、業界、資格」など自由に検索ができるため、様々な切り口から、興味のある求職者に見てもらうことができます。勤務地からも絞り込むので、「地方でなかなか応募が集まらない(見てもらえない)」というお悩みも心配ご無用です。

ポイント2.位置情報・過去の検索履歴を辿っている
indeedは賢いことに、ポイント1の結果からさらに「位置情報」と「過去に検索した履歴」の点でマッチ率の高い求職者に求人の見やすい位置へと表示させます。この仕組みにより、的外れな応募が減り、ピンポイントで企業の求める人材からの応募を増やすことが出来ます。indeedの登場により、これまでの求人媒体などではできなかった、様々な業種への効果出しが可能となり、さらに質の高い求職者を集めることができるようになりました。

indeedの効果が出る仕組みは「自社採用ページ」が求人ページだから

indeedが既存の求人媒体と違う点の2つ目として、「求職者を企業の採用ページを直接飛ばす仕組み」が挙げられます。求人一覧ページから企業求人をクリックした先が、「自社採用ページ」ということです。求職者の8割以上が興味のある企業はHPまで見ているという結果があることから、結局はHPを見に行くものと今日では当り前化しています。求人媒体などの型にはまった求人情報では、企業感をなかなか伝えきることができず、そのまま離脱してしまうというのはよくあるケースです。

それは、求人媒体だけではどんな会社なのかイメージできないからではないかと考えています。これは非常に勿体無いことで、採用が難しい業種であれば尚さら自社採用ページは重要性が高いように感じます。そこで求職者を直接自社採用ページへ飛ばして直接自社採用ホームページを見てもらうことで、企業感や理念、職場環境などが伝わり、応募意欲の引き上げることができるのです。この仕組みにより、業種に関係なく効果を出すこと可能になっているのです。

indeedで応募者を増やすための3つの方法

indeedを無料広告で利用している人は応募を増やすのは難しいですが、有料広告で使っている人であれば以下の方法で、多くの求職者を獲得することが可能になります。

indeedで応募者を増やすための方法3つー①データを分析して原稿を作成する

上で少し触れましたが、indeedを活用して応募者を増やしたいなら、求人アナリティクスのデータを分析して求職者と企業がマッチしやすい原稿を作成する必要があります。求人アナリティクスでは、取り急ぎ検索トレンドや配信の動向を一目で確認することが出来ます。

そして、求人アナリティクスで入手できるデータは大きく分けて4つです。

■求職者はどんなキーワードで求人を検索しているのか
■求人情報の表示回数
■求人情報がクリックされた回数
■求人情報から応募した回数

これらの情報を分析することで、具体的に何をしたら求職者から応募を増やせるかは一目瞭然です。例えば、求人情報の表示回数が少ないなら、業種に関連するキーワードを求人原稿に増やすことで今より多くの求職者に求人を見てもらえます。このようにデータを分析して原稿を作成することで、応募者を増やすことは難しくありません。

また、下記の2点についても求人アナリティクスでは可能です。
■結果の絞り込みについて
■ダウンロードについて

■結果の絞り込みについて
求人アナリティクスは『国』と『年月』を絞り込むことが可能です。世界的に配信を行っているアカウントについては配信を行っている国のタブを選択することが可能です(デフォルトはすべての国)。『求人アナリティクス』は月ごとでしか見ることが出来ませんので、『月』の選択タブはよく使うことになります(クリックのあった最後の月=多くの場合、当月)。月ごとに大きくトレンドが変化するアカウントもありますので、当月だけ見ずに前月、前々月、昨年などと比較しながらチェックするのが効果的です。

■ダウンロードについて
『PDFをダウンロード』というタブから情報をダウンロードすることが可能です。タブをクリックすると、下記の画面に切り替わり、表示された画面を印刷することで、簡易的ではありますが、こちらをレポートとすることも可能です。ただ、あくまでも簡易的なレポートですので、詳細な分析は『indeedアナリティクス』から行っていく必要があります。職種と関係ないキーワードで流入している場合は、そのワードを除外すること、また定期的に分析をすることで費用も抑えられます。

indeedで応募者を増やすための方法3つー②自社の採用ページを強化する

自社の採用ページを強化するのも応募者を増やすための戦略の1つであり、文章を作り込むことはかなり重要なことです。ただし、この募集要項やPR情報にも書き方のポイントがあります。

結論から言うと、「求職者側から見て、なぜ求人を募集しているのかわかり、どんな会社なのかをイメージさせる」ということが必要になります。例えば、自社ホームページ画像に自社のスタッフが笑顔で写っていると、求職者はどんなイメージを持つでしょうか?つまり、これからどんな人と仕事をするのかを具体的にイメージしやすくさせ、親近感が湧かせること」を企業側は自社ホームページで伝えていく必要があります。

また、自社をアピールする文章には、「何を取り扱っている会社なのか」「なぜ今求人を募集しているのか」「どの職種を募集しているのか」「またその職種はどんな仕事なのか」といった詳細情報を見やすく、簡単に説明することで、求職者が見たときに一瞬でどんな求人情報なのかを理解しやすくすることがポイントとなります。こうすることで、自社のこと、実際の仕事内容などの詳細情報をより求職者が見る可能性が高まってくるのです。自社のことを求職者に知ってもらいたいために長い文章で訴求することも良いですが、あまり長すぎたり、文字数が多すぎたりすると、求人情報を見ている求職者に見てもらえない可能性があります。

最後に、何年も変えていない古いデザインのホームページになっていませんか?
求職者は会社の採用ページを見て離脱することも大いに考えられる行動パターンです。もし現在、古いデザインのホームページを使用しているのであれば、新しいデザインのホームページにすることをお勧め致します

 

将来の一躍となる人財と出会おう! >>> かんたんに高クオリティの採用サイトをつくるならトルー 

indeedで応募者を増やすための方法3つー③indeedの運用ノウハウを知っている広告代理店に依頼する

求職者の応募を増やす簡単な方法は、indeed広告は常にデータを見つつ分析改善などの細かな運用をしていく必要がありますので、自社で運営が面倒な場合は、indeedの運用ノウハウがある広告代理店に依頼をすることです。広告代理店が、運用ノウハウがあるかを見極めることが必要です。

■ホームページを確認
■電話で問い合わせ

どちらかの方法を使って、運用ノウハウがあるのかを確かめてみてください。また、どういう運用をするのか?どういう戦略でどんなノウハウがあるのか?といった視点で判断することも大切です。そして、本当に一番大切なのは、実際に手を動かしてくれる代理店なのか?というところです。
もし質問をするのであれば、下記のようなことも聞いておくと良いかもしれません。

■自社と同じ業種でindeed広告の運用をしたことがあるか?
■その実績はどのようなものか?
■成果を上げていくためにどうするのか?そもそも改善できるか?
■indeed広告の運用体制はどうですか?自社ですか外ですか?
■改善の頻度はどれくらいか?
■連絡のやり取りの仕方はどうか?

実績を聞くことも重要ですが、実務的な内容や、具体的に何をするのかも聞くことで良い会社が見つかるかと思います。indeed広告の改善を行うのは当然のこと、それ以外でもランディングさせるサイトの改善も大切なので、そこまで数字を見ながら改善案を出し、サイトの制作会社と一緒に取り組んでくれるのか?といった視点を持っていただくこともお勧めします。

いかがでしたでしょうか。

indeedが効果的な理由を知り、その理由に合わせた対策を行った求人ページを作成することで、効果が何倍にも膨れ上がる可能性を秘めています

ロジックに反する求人ページをいくらチューニングしても効果が出ませんので、求人アナリティクスを参考にして、効率よく求人ページの原稿を作成してください。
その上でどうしても自社運用が難しいという時は、代理店に任せるというのも、費用対効果をあわせる上で有効な方法です。

弊社のWEBマーケティング・コンサルティングは、クライアント様の収益を最大化するために、見込み顧客の発掘から育成を行い、顧客化はもちろん、その商品や企業のファンになってもらうよう、あらゆる手段を使い実行いたします。

見込み顧客の発掘は、調査したターゲットにピンポイントで広告を配信し誘導します。誘導した先のWEBサイトも、ぱっと見で興味を持ってもらい、読むことで「自分に必要だ」と感じていただくコンテンツを作成し、応募していただきます。

自社で運用して結果が出ない場合は、弊社に問い合わせてみてはどうでしょうか。

コラム一覧