リクルーティングコラム

経理の採用を効率的に行う方法とは

経理 採用方法の画像

経理業務は会社全体においてお金の流れを記録し管理を担う、会社にとって重要な管理部門のひとつです。

より自社に合った優秀な人材を見つけられるよう、この記事では応募が増える求人票の書き方や、面接でのチェックポイントなど効率のよい経理の採用方法についてご紹介します。

id="c1" class="mid1">求める経理人材を見つける方法

経理 採用方法の画像

採用面接で自社により適した優秀な経理の人材を採用するためには、求人を開始する前に綿密に戦略を練ることが重要です。

まずは、採用成功のための戦略方法についてみていきましょう。

求める条件を明確にしておく

求人を開始するにあたり、採用担当者がどのような人材を必要としているのかを明確にすることが必要です。

《求める条件の例》
・求める資格やスキル
・必要とする業務スキルや業務経験
・求める人柄や価値観

このような項目を部署や会社全体で確認し、採用担当者が把握しておきましょう。

総合サイトではなく専門サイトを活用する

インターネット上には、転職情報や求人情報が掲載されている人材紹介のサイトがいくつかあり、それらは「総合サイト」と「専門サイト」の2つのパターンに分けることができます。

◆「総合サイト」

募集職種を決めず、幅広い職種の求人が掲載されている総合サイトには、数多くの職種の求人募集があることから、総合サイトに登録している求職者の数が多いのが特徴ですが、年齢や経験・職種もさまざまであるため、自社が求める人材を見つけにくいかもしれません。

◆「専門サイト」

自社が求めるスキルや職種に限定された専門サイトを求人募集において利用すると、より優秀な人材を効率よく見つけることができます。

専門的なスキルを持ち、さらなるスキルアップを希望する求職者が登録していたり、スキルに特化したキャリアアドバイザーを置いていたりするサイトもあるのです。

「転職したい時期」や「今後どのような活動をしていきたいのか」など、採用の担当者が知りたい内容を事前に聞き取りをしてくれる専門サイトもあるため、自社のニーズにあった専門サイトを選びましょう。

経理の採用、応募が増える求人票の書き方

経理 採用方法の画像

ここでは、応募が増える求人票の書き方についてご説明します。

経理の求人募集の書き方

経理の職務内容をわかりやすく記載

「会社の概要」や「募集背景」「求人を出す経理の仕事に期待されること」など、求人を出すにいたった背景や情報を詳しく具体的に記載することで、他社との違いを求職者に理解してもらいやすくなります。

より「求める人物像」に近い求職者から応募してもうためにも、求人に関する情報はわかりやすく記載しましょう。

求人情報に大切な情報を大きく3つに分けて説明していきます。

《求人情報の内容》
1)求めている人物像
資格、能力、経験、人柄、性格、実際の仕事内容

2)自社の強みや魅力
教育体制、資格取得制度、勤務時間(時短や育休)、在宅、福利厚生

3)求人票の内容を読んでわかりやすいか
専門用語は使わない、曖昧な表現は避ける、例や具体的な数字を上げる

この3つの点に意識をして求職者が求人票を読んだときに、「どのような会社でどういった仕事内容なのか」を想像できることが大切です。

求める人物像・スキル・資格を明確化する

求人票に求める人物像やスキル・資格を明記しておくことで、求めている人材とは違う資格の求職者の応募があったり、求めている年齢層と違ったりするといった求職者のズレが軽減されることが期待できるのです。

また、資格を持っているが活かすことができていない人も中には存在するため、資格を活かした実務経験が求めされるかどうかも記載します。

差別化できる自社の魅力を記載

自社の魅力を記載するとき、すでに働いている人には当たり前となっているために、他社と差別化できるアピールポイントが出てこないこともあるかもしれません。

当たり前と思っていた部分も、求職者にとっては魅力的なポイントとなる可能性があります。

自社の魅力を、社内で活躍しているメンバーに聞き取り調査するのもよい手段といえるでしょう。

また、入社間もない社員に「自社を選んだ理由」や「入社後に良いと感じた部分」を聞いてみる方法もあります。

社員に聞き取りをして得られた自社の魅力的なポイントを求人票に反映すれば、求職者に自社をアピールすることが可能です。

求人票の要は求人タイトル

求職者が求人票を見るときに初めに目にするタイトルには、ひと目で仕事内容がわかり、仕事に関する魅力的なポイントが書かれていることが理想です。

自社の強みや魅力を整理し、魅力的な要点や強調したいフレーズに【墨付かっこ】をつけて目立たせ、文字数を30文字前後にしましょう。

《求人票の例》
・【柔軟な働き方・女性に人気】経理部税務担当【福利厚生充実・転勤なし】
・経理部リーダー候補【上場企業・残業20時間・柔軟な働き方】など

※詳しくはこちら→【《例文付き》思わず応募したくなる!魅力的な求人票の書き方のコツ・ポイント】

経理採用の面接で確認しておくべきポイント

経理 採用方法の画像

自社が求めている経理人材を採用するために、面接での人物を見極めることは重要です。

しかし、わずかとも言える面接の時間内に求職者の人となりをすべて把握することは簡単なことではありません。

面接をより有意義な時間にすることが、採用側と求職者の双方にとって望ましいでしょう。

ここでは面接前の準備や、面接時に確認しておきたい内容を解説します。

スキル、経験してきた内容

履歴書や職務経歴書の文面だけでは、「求職者がこれまで経験してきた仕事内容や経験」といった肝心な情報を把握しきれないかもしれません。

よって、求職者がこれまで行ってきた仕事や得意とする仕事、苦労した仕事を自分の言葉で話せるか聞く必要があります。

求職者との面談時には、話し方や表情などに人柄が現れてくるため、話している間の求職者の表情や動作の観察も、面接担当者の重要な仕事のひとつであり、また仕事を一緒にしていくにあたっては求職者の持つスキルの把握も必要です。

同じ会社で社員として一緒に働くにはコミュニケーション能力が高いことも必要なため、面接においては事務的なやりとりだけではなく、求職者とできるだけ会話することが求められます。

保有している資格

例えば簿記であれば、「日商簿記2級以上」や、その他に税理士や公認会計士などの資格がある人は、即戦力となる人材である可能性が高いです。

しかし、資格を持っているだけで実務経験が乏しい人は、実務に関する教育を行う必要があるため、資格を用いて仕事をした経験の有無や年数も合わせて聞く必要があります。

中には資格は取得していないが、実務経験の年数が長い求職者もいるため、今までの働き方なども併せて面接のときに確認することがおすすめです。

外資系なら語学力

海外での就労経験の有無、TOEICやTOEFLの点数を確認し、その場で英語での質問を行うことで、実際の受け答えできるレベルを判断することができます。

面接を受けている求職者にふさわしい職種で働いてもらえるよう、「語学を生かしてどのような仕事をしてきたのか」を掘り下げて聞くことが求められるのです。

性格や価値観

採用・入社となれば、一緒に働く人材として申し分ない人柄かどうかが最重要になります。

求職者の価値観を知ることで、自社に適した人材かをある程度判断することができるでしょう。

趣味や特技・休日などの時間の使い方を聞くことで、人柄や価値観の一端を知ることが可能です。

マネジメントや管理職の経験

自分で業務が行えるだけではなく、業務の監督ができるマネジメントスキルの有無は、求職者が入社したあとの業務や職位を検討していく上で、会社にとっても求職者にとっても重要な情報です。

「どのくらいの規模のマネジメントをしていたのか」「管理職として気をつけていたことはどのようなことか」などを詳しく聞くと求職者の考え方が見えてくるかもしれません。

※詳しくはこちら↓
【自社が欲しい人物を獲得できる!面接前に必ず読むべき「面接のすべて」】
【【採用面接】実力のある人材を見抜く質問とポイントを解説】

経理の採用に有効な求人サイト

経理 採用方法の画像

求人サイトの中でも経理の採用に強く、より有効な求人サイトを例をあげて紹介します。

無料で求人掲載ができるサイトもあるため、それぞれのサイトの特徴を見ていきましょう。

無料で求人を掲載したいならIndeedがオススメ

経理 採用方法の画像

どの求人サイトも基本的には有料ですが、Indeedは最低限の情報だけを記載した求人情報ページを無料で掲載でき、Indeedの利用者は、気になる求人情報を見つけたらIndeedへの会員登録をすることなく直接企業へ応募できる特徴があります。

Indeedの会社ホームページによると、2021年6月時点で月間訪問者数2億5000万と求職者の利用数が多く、Indeedを利用することで自社の求人情報をより多くの人に見てもらえる機会を増やせる可能性が高いと言えるのです。

採用担当者は応募してきた求職者と直接やりとりができ、面接までの時間が短縮することができるため、まずは無料掲載を利用してIndeedで求人募集を始めてみると良いでしょう。

Indeedへの求人の掲載は基本的に無料ですが、「スポンサー求人」と呼ばれる有料掲載を利用すると、無料掲載より表示回数を増やしたり掲載期間を長くしたりすることができます。

スポンサー求人は求人がクリックされた時のみ広告料金が発生する仕組みで、Indeedの求人ページから自社のホームページにクリックひとつで求職者を誘導できるため、自社サイト上で会社情報をより詳しく伝えることが可能です。

「急ぎで採用したい」「効率的に採用を行いたい」といった企業は有料掲載を利用するといいでしょう。

※詳しくはこちら→【Indeed無料掲載とは|有料掲載との違いとメリット・デメリット】

経理転職ナビ

経理 採用方法の画像

経理転職ナビは、経理・財務の求人に特化した転職サイトで、完全成功報酬型のため、紹介を受けた求職者が入社するまで報酬は発生しません。

会計士や税理士・経営企画など幅広い職種の求人が特徴で、経理や財務に詳しい転職コンシェルジュが在籍しており、求人が出た経緯や必要な資格などを求職者に伝えてくれるため、より合った求職者を紹介してくれます。

登録があった求職者の情報をもとに、自社に適した条件人材を紹介してくれるのが特徴で、日本国内だけでなく海外を拠点とする企業の求人掲載も可能です。

MS-JAPAN

経理 採用方法の画像

MS-JAPANは、経理や会計などの管理部門に特化した転職サイトで、他に人事や税理士などの求人情報にも対応しています。

完全成功報酬型であり、紹介を受けた求職者が入社するまで報酬は発生しません。

MS-JAPANの特徴は職種ごとに担当者が分かれていることで、採用活動の途中での担当変更は難しくなりますが、経理職の中でも担当者が細分化されており、より精通したキャリアアドバイザーが求職者に対応してくれるため、より合った求職者の応募へと導いてくれます。

本社は東京にあり、大阪・名古屋・横浜に支店があるため三大都市圏の求人に強いのも特徴です。

ジャスネットキャリア

経理 採用方法の画像

ジャスネットキャリアは会計・経理職に特化した転職サイトで、完全成功報酬型であり、紹介を受けた求職者が入社するまで報酬は発生しません。

会社ホームページによると、2021年6月時点で取引実績のある企業数は4,000社を超え、会計や経理職に特化しているため、転職サイト内では求職者からの認知度も高く、2021年6月時点で登録者数は48,000人超で70%が簿記2級以上を保有しています。

また、人事担当者と綿密に打ち合わせを行うため、採用したい人のイメージを明確に伝えることができ、ミスマッチを防ぐことに役立つのです。

Rexアドバイザーズ

経理 採用方法の画像

Rexアドバイザーズは公認会計士・税理士・経理・財務に特化した転職サイトで、完全成功報酬型であり、紹介を受けた求職者が入社するまで報酬は発生しません。

会社ホームページでは、2021年6月時点で応募した約2名に1名の割合で書類選考を通過し、面接に至っている実績が紹介されています。

書類選考の応募に至る前に厳正な選考が行われているため、より適切な自社が求めている人材を紹介してもらえることから、選考にかかる時間を削減できるところがポイントです。

ビズリーチ

経理 採用方法の画像

経理管理職の求人を行うならビズリーチがおすすめです。

独自の審査を通過した管理職候補を希望する人材が多く登録しており、即戦力となる人材が多く、登録者の情報を担当者自ら探すことができるだけでなく、求職者を直接スカウトできるため採用業務を滞りなく行うことができます。

求職者の希望条件を採用企業が直接見ることができるため、希望に沿った部署の提案も可能です。

料金面では採用が決まった場合に加え、掲載の基本料金がかかります。

まとめ

経理 採用方法の画像

経理で採用を効率的に行うには、どのような人材が必要なのかを明確にする必要があります。

経理業務に特化した求人サイトの中にはさまざまな特徴を持つサイトが存在するため、紹介会社のホームページや担当者より話を聞くことで、自社にあった求人サイトを選ぶことが大切です。

自社にあった採用方法を見つけ効率的に採用活動ができれば、経理採用スタッフの採用成功率もあがり、良い人材を採用することができるでしょう。

この記事が御社の採用活動のお役に立てば幸いです。

採用マーケティングツールのトルーなら月額1万円から始められ、自社の採用サイトや応募フォームを簡単に作成できます。

Indeedをはじめ6大求人エンジンに情報が自動で更新され、必要な情報のアップデートも簡単に行うことが可能です。

応募者の管理機能や求人検索サイトの広告パフォーマンスを分析できる機能だけでなく、LINE応募や求人票、応募者のCSV一括ダウンロードなど、企業に適した活用ができます。

専用担当者のサポートにより採用戦略のアドバイスももらえるため、求人方法の悩みを解決するためにもトルーの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
採用サイトを作成するメリット 【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています 採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2021年6月現在の情報を元に作成しております。

コラム一覧
SNSでシェア