リクルーティングコラム

Indeedの認定パートナーとは?メリットと選択する場合のポイントまで解説

Indeed 認定パートナーの画像

自社でIndeedを利用した採用活動をするとき、代理店にIndeedの運用の依頼することを検討したことがある会社は少なくないでしょう。

Indeedを扱っている広告代理店のなかでも、 Indeed認定パートナーとなっている広告代理店を利用すると、Indeedを利用した採用活動を効率的に行うことが可能です。

Indeed認定パートナーを広告代理店として利用したときのメリットや、Indeed認定パートナーを選ぶ基準などについて紹介します。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Indeedの認定パートナー制度の3つのランクと代理店の種類

Indeed 認定パートナーの画像

まずはじめにIndeed認定パートナーやランクについて説明します。

Indeedの認定パートナーとは

Indeed認定パートナーとはIndeedが公式に認定している広告の販売代理店で、Indeedの基準での審査を通過し、選ばれた会社のみ「Indeed認定パートナー」となることができます。

Indeed認定パートナーになると、Indeedが主催する勉強会に参加できたり、Indeedの最新情報を得られたりと、認定パートナーならではのIndeedからのサポートを受けられ、効率的な採用活動が実現できるでしょう。

Indeed認定パートナーにはさまざまな得意分野をもった広告代理店があるため、業種や業界に合った認定パートナーを探すことも可能です。

認定パートナーには3つのランクがある

Indeed認定パートナーは、実績に応じてゴールド、シルバー、ランクなしの3つのランクで分類されています。

Indeedを使用した採用活動において、実績が最も高いのがゴールドランクです。

ここからはそれぞれの実績について詳しく説明します。

ゴールド

ゴールドランクのIndeed認定パートナーは特別認定パートナーとも呼ばれ、Indeed認定パートナーの中でも予算規模が大きい大企業向けの案件において、優れた実績を持つ広告代理店です。

2021年4月現在では、11社がゴールドランクとしてIndeedから認定されています。

シルバー

シルバーランクもゴールドランクと同じくIndeed特定パートナーの中の特別認定パートナーとも呼ばれ、特別認定パートナーの中でも予算規模が少ない中小企業向けの案件において、優れた実績を持つ広告代理店です。

シルバーランクとして認定されている広告代理店の数はゴールドランクよりも多く、認定パートナーの中でも、限られた代理店のみが登録されています。

シルバーランクの代理店は、ゴールドランクの代理店よりも中小企業など大規模ではない案件を取り扱っていることが多いです。

ランクなし

Indeed認定パートナーの中でも、1番多いのが「ランクなし」です。

ランクなしであっても「Indeed認定パートナーである」ということには変わりはありません。

認定パートナーとなる代理店の種類

Indeed認定パートナーの代理店は、種類や特徴がそれぞれ違います。

自社の広告運用の方針に合ったIndeed認定パートナーを見つけて、効率的な採用活動をおこなえるように、Indeed認定パートナーの種類や特徴についてみていきましょう。

認定パートナーとなる代理店の種類とは

認定パートナーとなる代理店は、Indeedの広告を扱っている共通点はあっても、代理店によってそれぞれ特徴があるのです。

求人広告代理店、Web広告代理店、採用Web集客専門系、経営コンサル系の4種類の代理店のメリット・デメリットを交えて紹介します。

求人広告代理店

求人広告代理店とは、求人を専門に扱っている広告代理店のことです。

「どのような求人情報を掲載すれば、求職者が応募してくれるか」といった求職者のニーズを熟知していることがメリットとなります。

Indeedを含めた複数の媒体に広告を出すときでも、求人広告代理店であれば仕事を依頼する窓口をひとつにまとめることができるのです。

一方求人広告代理店では、Web広告を専門に扱っているわけではないため、特別なノウハウが少ないことがデメリットと思われがちですが、Indeed認定パートナーであれば大きなデメリットではないと考えて良いでしょう。

Web広告代理店

Web広告代理店とは、Web広告の出稿を専門に扱っている広告代理店のことです。

Indeedのようにクリックごとの単価があるサイトならば、「どのような運営をすれば、ワンクリックあたりの単価を抑えられるか」といったWeb広告ならではの運用方法の分析、改善を行ってくれるのがメリットといえます。

しかしWeb広告代理店はWeb広告が専門であるため、雑誌や新聞などWeb以外の媒体に求人広告を出すには向いていないかもしれません。

Web広告代理店は採用広告に長けているわけではありませんが、採用活動の知識はIndeed認定パートナーであれば問題ないでしょう。

採用Web集客専門系

Indeedを始めとしたWeb媒体の求人広告の運用を行うのに1番おすすめなのは、採用Web集客専門系の代理店です。

Web広告と採用活動のどちらのノウハウも豊富にある採用Web集客専門系では、求人広告代理店とWeb広告代理店の両方のメリットを享受できます。

しかしIndeed認定パートナーになっている採用Web集客専門店の数は少なくないため、多数の候補の中から自社にあった会社を見極めなくてはいけません。

経営コンサル系

経営コンサル系は、経営視点での採用に関するノウハウや、さまざまな業界のあらゆる知識を持っていることが特徴です。

その名の通り、経営コンサル系では広告運用においてそもそも応募が来ないことや、求めていた人材が来なかったなど問題が発生したときの解決能力に長けており、問題解決をするための手段として、求人募集にIndeedを用いることもあります。

Indeedの運用を直接経営コンサル系が行うことは少なく、広告の運用そのものは外部に委託することが多いため、依頼費用が他の広告代理店と比較して高くなることがデメリットです。

Indeed運用を認定パートナーに依頼する5つのメリット

Indeed 認定パートナーの画像

Indeedの運用を認定パートナーにすると、採用活動においてたくさんのメリットがあるのです。

いくつかあるメリットのうち、5つを紹介します。

魅力的な求人原稿の作成ができる

採用活動で文章が必要な機会は多く、自社で求人原稿を作成をすると時間がかかることから、求人に関連する業務を圧迫する原因となりかねないうえ、応募が来るような魅力的な求人票が作成できるとは限りません。

認定パートナーのIndeed運用サービスのひとつに手間となりがちな求人原稿の作成の依頼がありで、手間をかけずに求職者にとって魅力的な文章を作成してもらえることが挙げられます。

専門的な職種や業界であっても、認定パートナーであれば求人原稿の作成を依頼することが可能であることがほとんどです。

Indeed上の管理を任せられる

Indeedでの採用活動は求人広告をIndeed内に設置して完了というわけではなく、広告費用の調整を始めとした広告の運用管理をする必要があります。

認定パートナーにIndeedでの広告運用に関連する管理代行を依頼できるため、運用にかかる人件費や作業時間などさまざまな自社のコストを軽減することが可能です。

さらに、Indeedの管理を任せることで、知識や経験があるからこそできる職種や業種ごとの適切なクリック単価の設定や、効果的な求人票の作成など、効率的な採用活動ができます。

自社にノウハウがなくても運用できる

Indeedは開設して終わりというわけではなく、広告のクリック数の設定を始めとした運営をすることが求められる採用サイトです。

自社にIndeedを運営するノウハウがなければ、Indeedを使用した採用活動の成果が期待外れとなってしまうこともあるかもしれません。

認定パートナーはIndeedを使用した採用活動の豊富なノウハウを保持しているため、自社に採用に関するノウハウがない場合は、認定パートナーにIndeedの運用を依頼することがおすすめです。

Indeed認定パートナーに依頼をすることで、自社でIndeedの運用をするよりも効率的な運用を期待することができ、さらに高い成果が期待できます。

自社に合う内容の原稿が作れる

求人広告の原稿の作成を自社でした場合、時間をかけて作成しても自社の魅力が十分に伝わる原稿を作成するスキルや経験がなければ、作りたい原稿が完成するとは限りません。

自社の魅力が伝わらなければ、採用活動をしても、よい人材に巡り会える可能性は低くなってしまいます。

スキルや経験のあるIndeed認定パートナーには、求める人材の目に留まる魅力的な求人広告の原稿の作成を依頼できるのです。

求職者のニーズ把握ができている

認定パートナーは、これまで築きあげてきたノウハウ以外にも、常に採用活動にまつわる最新の情報をリサーチしています。

採用活動は、トレンドや求職者の動向傾向など常にリサーチしなければいけない情報が少なくありません。

求人市場における最新情報を知らなければ、求職者のニーズに沿った採用活動をするのは難しくなるため、効率的な採用活動をするには求職者のニーズを把握することは外せない要素といえます。

採用活動をしながら自社で情報収集をするには時間や手間がかかり難しいかもしれませんが、Indeed認定パートナーに依頼すれば情報収集の手間を減らすことが可能です。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Indeedの運用代行会社を選ぶ3つのポイント

Indeed 認定パートナーの画像

Indeedの運用代行は認定パートナーだけでもさまざまな会社が行っているため、どの会社に運用代行を依頼するか決めかねることもあるかもしれません。

効率的な採用活動をするために、Indeedの運用代行会社を選ぶ3つのポイントを紹介します。

複数の代理店で実績を比較する

サービス内容が似た代理店であっても、実績やノウハウがある分野や得意な分野はそれぞれ異なります。

これまでの実績を比較する際、特に自社と同じ業界や業種での広告運用実績を確認することが、良い代理店を探すための重要なポイントです。

美容業界で実績がある会社に車会社が依頼をしても効果的な採用活動が難しくなることが考えられるため、自社のニーズと広告代理店の得意な分野がマッチするよう選びましょう。

自社に運用ノウハウを貯めることができるか

運用代行会社と情報を共有することによって、自社だけでは気づくことができなかった運用方法を運用代理店のノウハウから気づくことができたり、課題や改善方法を見つけられたりするのです。

自社で求人広告を運用する際の課題や改善方法を知ることができれば、自社の高校運用ノウハウとして今後活かすこともできます。

運用会社を選ぶときは、自社とは違う視点やノウハウがあるか確認することが必要です。

まとめ

Indeed 認定パートナーの画像

Indeedの審査を経て選ばれた広告代理店のみがなることができるのが、Indeed認定パートナーです。

Indeed認定パートナーには豊富なノウハウがあるため、自社だけでIndeedを運用するよりも、効果的な採用活動になることが期待できます。

一方で自社の目的にあっていないIndeed認定パートナーに運用依頼しても、効率的な採用活動には結びつかないため、紹介したポイントをもとに、自社に合ったIndeed認定パートナーを見つけましょう。

Indeed認定パートナーのシルバーランクの代理店である「トルー」では、自社のIndeedを始めとしたさまざまな採用活動をサポートします。

トルーを使えば、自動で求人情報がIndeedをはじめとする求人検索エンジンに掲載できるだけでなく、掲載後の分析や改善も行うことができます。

現在採用専用HPがない企業でもイチから採用サイトを制作することができ、 既に採用サイト持っている企業でも「プラグイン」という機能を使えば、既存の採用情報ページが自動でIndeedに掲載されるようにカスタマイズすることも可能です。

Indeed広告の運用代行とセットで利用することももちろん可能ですので、気になる方はお問合せか資料をダウンロードください!

↓詳しくはこちら↓

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

採用サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

※この記事は、2021年5月現在の情報を元に作成しています。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

コラム一覧
SNSでシェア