リクルーティングコラム

Indeed広告運用|知っておくべき注意点と閲覧数アップのポイント

indeed 求人運用の画像

自社に合ったよい人材に巡り会いたいと求人活動をしている会社が多く利用しているのが、Indeed。

しかし、Indeedは運用次第で求人効果を上げることも下げてしまう可能性もあります。

ここではIndeedを効率的かつ効果的に運営するために、知っておくべきIndeedの仕組みや注意点、代理店を利用するメリット・デメリットまで詳しくお話します。

この記事をよく読んで、Indeedからの求人を増やしましょう!

Indeed広告の基本と仕組み

indeedの画像

まずは、Indeedの基本や仕組みについて知っておきましょう。

Indeedとは?

Indeedとは、リクルートのグループ会社が2004年に設立したアメリカの会社です。

世界60ヶ国以上・28言語でサービスが提供され、毎月の利用者は2億人とも言われており、日本でも高い知名度を持つ世界最大規模の知名度を誇る求人検索サイトです。

Indeedには有料掲載・無料掲載の2つの料金体系がある

Indeedの料金体系のうち、有料のものはスポンサー広告といい、無料のものはオーガニック求人といいます。

それぞれどのようなものなのか、まとめていますので確認してください。

(1)有料掲載(スポンサー広告)

有料掲載(スポンサー広告)は、無料掲載の求人 情報よりも表示される期間が長く表示回数が増えます。

そのため、求職者の目に留まりやすいという特徴があります

無料の掲載に比べるとクリック数が5倍になるともいわれており、高い確率で情報を見てもらうことが可能です。

頻繁に検索結果画面に出てくるので、候補者により効果的にアプローチできるといえます。

「より早く求人を募集したい」「コストをかけてもいいから閲覧数をとにかく上げたい」という場合は、有料掲載を使うと効果的でしょう。

(2)無料掲載

無料掲載は有料掲載よりも表示回数は少ないものの、検索順位が高いうちは目に留まりやすい場所に掲載されます。

ただし無料掲載では新しい求人が優先上位に反映されるため、時間が経つにつれてトラフィック数(アクセス数)が下がります。

その結果、表示順位が落ち古い情報が埋もれていってしまう可能性もあります。

「とにかくリーズナブルに広告を出したい」「はじめて利用するのでちょっと試してみたい」場合に利用するとよいでしょう。

他の求人サイトとの違い

他の求人媒体とIndeedの費用の違いは、「課金システム」です。

一般的な求人広告では掲載時に料金が発生するため、閲覧数が少なくて広告効果が出なかったとしても安くなることはありません。

利用料金の目安は、プランによっても異なりますが、1カ月20万円くらいから、高額なもので180万円程度かかるケースもあります。

一方、Indeedの有料広告(スポンサー広告)は、求職者が広告をクリックしたときにはじめて料金が発生する仕組みになっているため、広告がクリックされなければ広告費用はかかりません

求職者が求人情報をクリックして閲覧してはじめて料金が発生するので、効果に合わせて料金を支払えばよいというのがメリットです。

一般的な求人広告と比較すると、Indeedの方が効率よく広告を出せるといえるでしょう。

Indeed広告運用をする際に知っておくべき4つのこと

indeed 求人運用の画像

Indeed広告の運用をするにはIndeedの特徴や表示ルールを把握しておく必要があります。

以下の項目に目を通し、把握しておきましょう。

(1)自社求人の平均表示ページ位置はどこか

indeedの画像

Indeed広告には「平均表示ページ位置」という項目があり、広告が平均して何ページ目に表示されたかを表します。

1ページ目に広告Aと広告Bが、2ページ目に広告Cが表示されたとすると、広告Aと広告Bの平均表示ページ位置は1、広告Cの平均表示ページ位置は2とカウントされます。

つまり、同一ページ内に掲載されていれば、表示順が上がろうと下がろうと同じ平均表示ページとしてカウントされるのです。

一般的に検索結果のページにおけるクリック率は、ページの上位に表示されるほど高くなります。

平均表示ページが同じ1であっても、ページの上のほうに表示された求人と、下の方に表示された求人ではクリック率に差が生じます。

もし平均表示ページが同じ別の広告に比べてクリック率が低い場合は、表示順が下になっている可能性があると考えましょう。

(2)入札単価を高めても上位に表示されない場合がある

indeedの画像

入札を高く設定するほど、より1ページ目に近い上位ページに表示されるようになり、ユーザーの目に入る可能性が高くなります。

しかし上位のページに表示させるために入札を強めた際、平均表示ページ位置が逆に下がることがあります。

これは、クリック単価(CPC)を高くすることで、今まで表示されなかった関連性の低い検索キーワードに関連する広告が表示されるようになったためです。

今まで表示していた検索キーワードでページ位置が上がっていたとしても、全体の平均として表示ページが下がることもあります。

このような場合、入札を強めた前と後でどのくらい広告のクリック数が増えているかどうかを比較するなどし、入札強化を行った効果が得られているか確認しましょう。

(3)流入キーワードのコントロールが必要である

indeed 求人運用の画像

Indeed広告では、求人広告内のすべてのキーワードが検索対象です。

例えば、求人原稿内に「採用担当:熊谷(※くまがい、苗字)」と記載していると、「熊谷(※くまがや、埼玉県の地名)」で検索された場合に広告が表示されることもあります。

勤務地が「くまがや」ではない広告が、「くまがや」で働きたい人の検索に表示されてしまっては意味がありません。

福利厚生の「介護保険」など、介護職ではないけれども介護用語を入れたい場合、職種を明確に設定するなどして必要のない流入をコントロールすることが必要です。

文中のキーワードで明らかに不要なものは削除したり言い回しを変更するなど心がけましょう。

(4)1日の境界線は「15時間」である

indeed 求人運用の画像

Indeed本社はアメリカのテキサス州にあるため、Indeed広告の設定を行う管理画面の時間はアメリカ時間、つまり日本から15時間遅くなります。

一昨日の数値を見ようとしてレポートを抽出すると、日本時間における一昨日の数値ではなく、おととい15時から昨日の15時までの数値が集計されます。

つまり、日本時間の0時~14時59分までは「昨日」の数字が確定しないのです。

例1)レポート上の土曜日に配信を停止にしたい場合
日本時間の土曜日15時~日曜日15時に間に配信を停止する

例2)レポート上の数値は関係なく日本時間で土曜日に停止したい場合
日本時間の土曜日に配信を停止する

※注意点※サマータイムの期間は1時間前倒しになり、1日の境界線は14時となります。

広告運用で気をつけたい3つの注意点

indeed 求人運用の画像

(1)配信デバイスを自由に設定できない

Indeedでは、全体の流入のうち8割がスマートフォン、2割がPCからの流入と言われています。

効率よく運用するためにデバイスによって配信の調整ができると便利ですが、Indeed広告ではデバイスごとの配信の有無を自由に設定することができません。

PCへの配信は必須、スマートフォンは配信するか配信しないか選択できますが、管理画面上で選択することができないのです。

配信設定をしたい場合は、Indeedへ問い合わせ、Indeed社側にスマートフォンへの配信を停止してもらいましょう。

(2)求人情報がクローリングされるには条件がある

Indeedに求人情報を登録するには、【Indeed社によるクローリング(システムによる自動読み込み)】と【企業がIndeedへ直接入力】、【XMLフィードによる登録】の3つの方法があります。

求人情報数が多い場合や掲載までの作業や時間を短縮させたい場合は、下記の条件をクリアにしておきましょう。

《クローリングされるための条件》
・求人情報ページはHTML形式であること(PDFやWordドキュメントはNG)
・求人情報に応募方法が含まれること
・1職種、1勤務地で1求人情報ページを作成すること
・各求人ごとにURLが異なること
・求人情報は独自ドメインであること
・会員登録や応募でモバイルに掲載する場合は、モバイル最適化(リダイレクト/レスポンジブル対応)がされていること

(3)広告費の支払いは事前チャージ式で、最低出稿金額が設けられている

Indeedの広告費は事前チャージ式で、発生したクリックに応じて金額が引かれていきます。

クリックされたとき、つまり求人情報を閲覧された場合にのみ広告費が発生し、また残高が0円になれば広告掲載が停止されるため、チャージ金額以上の広告費がかかりません。

ここで注意しておきたいのが、一定の最低出稿金額が設けられており、また一度チャージした金額は返金、変更が一切できないということです。

予算上限や配信期間を考慮した上で、いくらチャージしておくのか決めましょう。

閲覧数を上げる2つのポイントと代理店活用のメリット・デメリット

indeedの画像

ここでは、Indeedに求人を掲載し、より多くの閲覧数を獲得するためのポイントについて紹介します。

(1)募集タイトルとテキストを工夫する

Indeedは求人検索サイトなので、求職者に検索してもらったときに、いかに上位で表示されるかがポイントになります。

ますは、索後の最初の画面で表示される「募集タイトル」を工夫しましょう。

求職者はこれを見てタイトルをクリックし、詳細画面を閲覧するので、タイトルに惹かれないと詳細ページを閲覧してくれません。

ですから、仕事や会社が具体的にイメージできるようなタイトルを工夫することが大事です。

単に業種を記載するだけではなく、どのようなお店で働くのか、どんな仕事をするのが具体的に記載したほうが効果的です。

次に、「テキスト」を見直しましょう。

Indeedでは、テキストの中の文章も検索結果順位の審査対象です。

つまり、タイトルだけでなくテキストにも、ターゲットとなる求職者の検索キーワードに近い言葉を入れることで、上位表示につなげることができることになります。

(2)アナリティクスを導入し、分析する

Indeedの効果を、データ解析しながら効果的に運用したいのであれば、訪問数やユーザーの利用状況などを記録し、分析できる「アナリティクス」の導入が必要です。

アナリティクスを導入すると、求人サイトの閲覧数やどの通信キャリアからアクセスしているのか、どのような検索ワードで求人を表示したのかなどを把握することが可能です。

アナリティクスの種類は、Googleアナリティクス、検索画面に設定されているアナリティクス、求人アナリティクスの3つがあります。

1)Googleアナリティクスを使う

Googleアナリティクスでは、下記のようなさまざまなデータを集計し分析することが可能です。


《集計できるデータの例》

・「ユーザーサマリー」基本的なデータ
・「セッション」サイトへの訪問数。
・「ページビュー数」1セッション(1訪問)あたり何ページ見てもらえたのか
・「平均セッション時間」1セッション(1訪問)あたりの平均滞在時間
・「直帰率」1ページ閲覧しただけでサイトから離脱してしまったユーザーの割合
・「システム」どのブラウザやOSから閲覧されているのか、どのキャリアのスマホから閲覧されているのか

2)管理画面のアナリティクス(Indeedアナリティクス)を使う

Indeedアナリティクスは、Indeedアカウントを持てば自動的に利用できるアナリティクスです。

Indeed管理画面のアナリティクスには、ダッシュボードとパフォーマンスレポートがあります。

どちらもGoogleアナリティクスのように、詳細なデータを見ることができるので、求人サイトの最適化に役立てることが可能です。

ダッシュボードでは「合計」「コンバージョン率」「コストパフォーマンス」の3つの項目に分かれており、例えば「合計」では、スポンサークリック数と応募数、クリックされたことで発生した費用の合計が表示されます。

基本的なアナリティクスを行うにはダッシュボードのデータだけで十分ですが、より詳しく分析したい場合には、パフォーマンスレポートが有効です。

3)求人アナリティクスを使う

求人アナリティクスは、求人全体の検索トレンドや広告配信のトレンドなど、求人の傾向をおおまかに把握するのに役立つアナリティクスです。

求人件数の推移やクリック数の推移、求人数トップ企業がどこなのか、いま求人業界で何が人気なのかが一目でわかります。

ランキング形式で表示されるのも特徴的で、検索キーワードや職種名、勤務地の上位10位が企業名と棒グラフで表示され、1カ月ごとの短期的なものから、半年、1年といった長期的なスパンでのデータを確認することが可能です。

代理店を活用するメリット・デメリット

indeed 求人運用の画像

閲覧数など掲載している求人の効果を上げるためには、代理店の利用も有効です。

自社で利用するかを判断するために、メリット・デメリットをまとめていますので確認してくださいね。

《代理店を活用するメリット》
・手間が削減できる
・運用のプロに任せるので効果が出るように使い方をサポートしてくれる


具体的には、求人広告の管理・運用だけでなく表示回数や平均表示位置などのパフォーマンス状況をレポート作成、面倒な平均クリック単価を常時微調整など、全面的にサポートしてくれるので初心者、特にネットが苦手な方にとっては嬉しい存在です。

他にも、代理店の中にはIndeed運用だけでなく採用ホームページも合わせて提案してくれたりIndeed独自のSEO効果に優れたオリジナル採用ページの作成を代行してくれたりする企業あります。

《代理店を活用するデメリット 》
・代理店によって異なるが、およそ15~30%の運用手数料といった費用が掛かる


Indeedは自社みずから運用することが可能です。

Indeedは無料掲載ができますが、代理店が改善提案をしてくれるのは有人掲載希望の求人票のみになることが多いため一定の広告運用費は必要になります。

以上のことを踏まえ、代理店を利用するか判断しましょう。

まとめ

indeedの画像

Indeedはよい人材とのマッチングが期待できるとても便利な求人検索サイトです。

ただし実際に運用して効果的な求人を行っていくには、各種のアナリティクス分析など専門知識が必要になります。

Indeedを理解しポイントを抑えて運用すれば、効果をしっかりと手に入れることができます。

どうしても自社運用が難しいという時は、代理店に任せるというのも有効な方法ですので検討してみてもいいかもしれません。

求人の閲覧数や応募数を増やすために、専門知識を備えた充実のサポートが受けられる!

採用サイト制作の無料お問い合わせ、資料ダウンロードはこちら↓

月々1万円~!御社だけの採用サイト制作なら【トルー】

toroo サイトの画像

自社の魅力を求職者に直接アプローチできる「ダイレクトリクルーティング」に興味はお持ちですか?

ホームページや求人サイト・媒体などの求人ページだけでは伝えきれない御社の特徴や魅力。
【御社だけの採用サイト】を作れば、それらを余すところなく求職者に直接アピールできます。


採用サイト構築CMS「トルー」なら、御社だけの採用サイトを月額1万円~作成したり、利用したりすることが可能です。

《トルーの特徴》
・indeedや求人ボックス、Google for jobsやY!しごと検索などの集客ルートが利用可能
・御社の採用サイトを自分で簡単に作成・修正できる
・月額1万円~利用可能!

《トルーで作成可能な内容》
・御社について
・待遇や制度・自社文化について
・先輩インタビュー
・求人ページ
※プランによって掲載可能な求人数は異なります。

《トルーのご利用成功事例》
・応募数3倍
・採用単価70%オフ
・スピ―ディーな採用が可能に!

2017年のサービス開始以来、現状を改善したい・新しく効果のある採用方法を導入したいという約300社の企業様に導入いただいています

採用に苦戦していたり、新しい採用方法を模索しているなら、ぜひ一度ご確認ください。
サービス詳細はこちら

「サービスについて詳しく知りたい」「資料だけ欲しい」というお問合せだけでも大歓迎です。
お気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

コラム一覧
SNSでシェア